エージェントとして、これからの価値 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル

IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > エージェントとして、これからの価値
コラム:IT業界転職の技術
第999章

エージェントとして、これからの価値

2020年10月30日

ランキングの発表

「GOOD AGENT RANKING」という、リクルート社が発表しているランキングがあります。大手転職サイトのリクナビNEXTさんでは、実は430社を超える転職エージェントと提携されています。大手から中小まで様々なエージェントが参画しているのですが、その中で優秀な成績を収めたエージェントを半期ごとに発表されています。そしてこの度、2020年度上半期のランキングが発表されたのですが、弊社リーベルが5部門で1位を頂きました。ありがとうございます!

GOOD AGENT RANKING
〜2020年度上半期〜

総合部門 第1位 満足度部門 第1位 IT/WEB部門 第1位
高年収部門 第1位 首都圏部門 第1位
  • 総合部門 第1位
  • 満足度部門 第1位
  • IT/WEB部門 第1位
  • 高年収部門 第1位
  • 首都圏部門 第1位

出典元:株式会社リクルートキャリア リクナビNEXT
対象期間:2020年4月1日〜2020年9月30日
調査名称:GOOD AGENT RANKING 〜2020年度上半期〜

これまでも部門別で1位を獲得したことは何度かあったのですが、5つもの部門での1位はこれが初めてです。

とくに私が嬉しく感じたのは、「総合部門」で1位を獲得出来たことです。この総合部門は、エージェントとしてのあらゆる成果を総合的に判断のうえでランキングされています。そこには転職の成功者数も要素に含まれており、弊社のような小さいエージェントは絶対的に不利だと思っていたからです。弊社はコンサルタントが10名弱。数百名が在籍している企業もある中で、数では圧倒的な差があるはずです。
それでも1位をいただけたのは、数ではなく質。弊社が追い求めてきた、転職支援の質で評価をいただけたのだと思っています。

エージェントの進むべき方向性

エージェント業の良いところは、質を上げるのはコンサルタントの取り組み方次第なところだと思っています。大手であれ中小であれ、どんな企業に在籍しているかはあまり関係ありません。知名度やブランディングも関係ありません。信念を持って取り組めば、それが転職者さんにも企業にも伝わるのがこの仕事の良いところだと思っています。残念ながら弊社は知名度が高くありませんが、弊社と関わってくれた方から高い評価をいただけているのは自信になります。そして、そういう信念を持ったコンサルタントだけで成り立っているのが今のリーベルです。

また、リクルートさんという業界のリーダーからこのようなランキングを頂けたのも意味があると思っています。リクルートさんは業界の最大手ですが、これまで人材紹介という市場を切り拓いてきたオピニオンリーダーでもあります。そんな企業から母数だけでなく質、結果だけでなくプロセスにも踏み込んで表彰をいただけたのは、弊社の背中を強く押していただいたようにも感じています。

リーベルとしてのこれから

とは言え、弊社としてもこの結果には驚きました。2020年度の上半期と言えば、コロナでバタバタしていた時期です。弊社としてもリモート勤務を始めてみたり、Web面談でどのように会話するのが良いか、試行錯誤していました。なので、何か画期的な取り組みをしたわけではありません。悩みながら、今出来ることを必死にやっていました。その結果として表彰をいただけて、自分達のやっていたことが間違っていなかったと報われた気持ちです。

当然ですが、普段の活動ではこのランキングは意識していません。目の前の転職者さんに対して、どう本気で向き合うか。どんな企業をご紹介して、どのように転職活動に取り組んでいただくか。そこだけに向き合っています。リーベルは今後も、質にこだわったサポートを続けてまいります。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

筆者 鈴木 裕行
コンサルタント実績
  • 紹介求人満足度 個人の部 第2位
    出典元
    株式会社リクルートキャリア リクナビNEXT
    対象期間
    2014年4月1日〜2014年9月30日
    調査名称
    第12回転職エージェントランキング

質の高い転職支援をご希望の方へ

IT業界出身のコンサルタントが、
あなたの転職活動をフルサポートいたします。

転職支援サービス
に申し込む無料

このページのトップへ