採用情報 | IT転職 エージェント リーベル


採用情報

リーベルとは

株式会社リーベルは、IT業界で活躍されている方々に更に能力の発揮できる機会を提供し、企業のビジネスの発展を支援し、活き活きとした社会を創り出したいという願いを込めて2000年に設立された会社です。

社名のLiBER(リーベル)はラテン語の『自由 Libertas(リーベルタース)』に由来します。この『自由』には、選択や行動の権利がある、という意味があります。転職は目的ではなく、あくまでも目的を達成するための手段。企業という枠の中では解決できないことを解決する手段の一つとして、転職のお手伝いをすることが私たちの使命です。

リーベルの事業領域

多くの人材紹介会社が様々な業界・業種を対象とするなか、リーベルは設立当初より一貫して『IT業界』を事業領域としています。

IT業界はもはや第四次産業と言っても過言ではない業界に成長しており、企業数も年々増加しています。IT業界にいる方にとっては選択肢が増えるというメリットがある一方、玉石混交の企業が乱立している状態であり、どこが自分に合っているのか、どこを選べばよいのか迷っている方も少なくありません。

まだIT業界が活況でない時代であれば、選択肢の多さが重要でした。しかし、既に十分過ぎるほどの選択肢がある昨今、どこを目指し、どこを選ぶのがベストなのかを見極める『目』を持つかどうかが重要になってきています。

リーベルは創業以来、IT業界が不況のときにも他の業界に目移りをすることなく、常に『IT業界』に目を向け続けてきました。そのため、リーベルが創業以来蓄積してきた豊富なIT業界と企業の知見は、IT業界で更に活躍したい方の『目』となることを可能にします。

リーベルのこだわり

『Small and Great』

これは、リーベルは数だけを追う大手人材紹介会社を目指していないことを象徴するポリシーです。成長意欲のあるIT業界の方と真摯に向き合い、その方に合ったベストな環境を選択するためのお手伝いをする、それがリーベルが目指し、また実践していることです。

もちろん、リーベルのサービスを世の中にもっと広めたいという気持ちはあります。こうして一緒に働く仲間を募っていることからも、それはお分かり頂けると思います。

しかし、急激な成長は歪みを生み、サービスの質を低下させる一因にもなり得ます。我々の行動の結果は人の人生を大きく左右します。仮に一時的であったとしても、ほんの少しであっても、サービスの質を低下させる訳にはいきません。

リーベルが今後どれだけ大きく成長したとしても、数や収益を追うのではなく、あくまで個々人に向き合い続けることを第一とする。その志を忘れないためにも、『Small and Great』はリーベルのポリシーとしていつまでも生き続けます。

このページのトップへ