転職における自己分析の重要性と効果的な分析手法 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル

IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 転職における自己分析の重要性と効果的な分析手法
コラム:IT業界転職の技術
第990章

転職における自己分析の重要性と効果的な分析手法

2020年9月2日

転職をする際に、自己分析が重要であるとよく耳にするのではないでしょうか。

事実として、転職時には自己分析が成功のカギになりますが、その理由や正しいやり方が分からないという方も少なくありません。

そこで今回は、自己分析の必要性や自己分析の基本、転職で必要となる自己分析について解説していきます。

1. 自己分析の必要性

自己分析を疎かにすると納得できない転職を繰り返すことに繋がるため、自己分析は避けては通れません。まずは、自己分析の必要性についてご紹介していきます。

転職の成功率を高める

自己分析ができていないと、やりたい仕事やキャリアに関してふんわりした状態で転職活動をしてしまい、なんとなく良いと思った企業に転職してしまうケースは少なくありません。

この場合、職場選びやキャリアのミスマッチにつながりやすい傾向があります。

自己分析をしっかりと行うことで、やりたい仕事や今後のキャリアを明確にでき、これまで視野にいれていなかった仕事も、活躍できる可能性があることに気づくこともあります。

自己分析は、自身にマッチした転職先を知るうえで、不可欠なものといえるでしょう。

内定率を高める

自己分析は自分探しだけではなく、そのまま面接対策にもつながります。

自己分析をしっかり行うことで、面接の際に転職のきっかけや今後について端的に答えることができるようになり、内定率を高めることができます。

2. 自己分析の基本

我流で自己分析を行うと、思ったような効果を得られないケースも少なくありません。

そこで、自己分析の正しいやり方についてはじめにご紹介していきます。

経歴をまとめる

まずは、入社してからこれまでの経歴について淡々と事実をまとめていきます。過去に行ってきた仕事や役職、立ち位置を中心にするといいでしょう。

その際、成功体験や失敗体験をメモ程度に書き出していくこともおすすめです。これらは、後から考えるとなかなか浮かびませんが、経歴を振り返りながらであれば、思い当たるエピソードも増える傾向にあります。

また、成功体験を積むための努力や失敗体験を経てどのように改善したのかなども、簡単に追記しておくと面接対策になります。

これまでに起きた事実をまとめることで、謙遜や傲慢が生まれにくく、自身の価値を客観的に知ることができます。

CAN(スキル)を書き出す

経歴の洗い出しが済んだ段階で、ある程度想像できますが、自身ができることを改めて書き出していきます。

これまでの仕事や職種から身についた力、自分が保有している資格やスキルに加え、自身にとって強みとなり得る性格や特徴も一緒に考えます。

また、CANを書き出していく場合、客観的に説明できるものと、説明できないものを明確にしておくと良いです。

MUST(必須)の条件を決める

MUSTの条件として転職時に譲れるものと、譲れないものがあるはずです。その程度に合わせて、「絶対に譲れないもの」「なるべくほしいもの」「できればほしいもの」という3つの段階に分けてまとめていきます。

こうすることで、転職先に求める条件を可視化でき、最終的に転職先を決める際に役立ちます。

また、MUSTの条件はトータルで10前後を目安としましょう。あまり多く決めすぎると転職先の選択肢が狭まってしまうため注意が必要です。

WILL(願望)を考える

最後に、転職してやりたいことや実現したいことを洗い出していきましょう。WILLを考える場合は、転職をするきっかけから振り返ることをおすすめします。

現在の会社に対しての不満などネガティブな理由ではなく、「どのような仕事に就きたいのか」というポジティブな面を考えることが大切です。

自分が目指すべきキャリアを明確にしたうえで、それを実現するために、どのような仕事に就き、どんな企業に転職すれば良いのか考えることが理想です。

しかし、多くの方はWILLでつまずきます。考えるのが難しい場合は、最後に答えを出すこともおすすめです。。CANやMUSTからWILLを考えていく方法もありますが、どうしても答えが出ない場合は、転職エージェントと一緒に考えることも有効な手段といえます。

3. 転職で必要な自己分析

自己分析は、自身について言語化するものと考えがちですが、実は少し異なります。

転職時に行う自己分析の目的は、「転職で後悔せず希望する企業で内定をもらうこと」です。このことは忘れないようにしましょう。

自己分析と考えてしまうと難しいと感じる方も多いですが、ビジネスマン(ビジネスウーマン)として自身の能力を整理し、高めていきたいスキルや働き方をまとめることが転職時に行う自己分析です。

転職は多数ある企業・職種の中から自分が希望する仕事を決めるための活動です。自己分析をしっかりと行うことで、後悔しない転職や内定率UPを目指しましょう。

4. まとめ

転職活動を行ううえで、自己分析は成功のカギといわれるほど重要なものであり、自己分析を行うことで、転職の成功率や内定率を高めることができます。

自己分析を行う場合は、基本を理解することが重要です。経歴をまとめたうえで、WILL(願望)を考え、CAN(スキル)を書き出し、MUST(必須)の条件を決めるのが自己分析の基本的なやり方となります。

転職における自己分析では、自身について言語化するのではなく、転職で後悔せず、希望する企業で内定をもらうことです。そのため、自己分析をしっかり行い転職活動を行いましょう。

転職エージェントにキャリア相談をご希望の方へ

IT業界出身のコンサルタントが、
あなたの転職活動をフルサポートいたします。

転職支援サービス
に申し込む無料

このページのトップへ