面接の後のお礼って必要? | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 面接の後のお礼って必要?

コラム:転職の技術

第90章 面接の後のお礼って必要?(03/1/20)

「面接のあとに、お礼の手紙は必要ですか?」とよく聞かれます。

私は、「お礼の手紙(メール)を出さなければいけないことはないが、絶対必要なものでもない」とお答えしています。あいまいな回答ですが、要は気持ちの問題であり、「こうすべき」という強い必然性はないということです。

印象に残す、少しでも心証をよくするために、お礼の手紙(メール)が有効かといえば、期待するほどの大きな効果はないと思ったほうがよいです。実際、選考の結論は、面接の場でほとんど決まってしまいます。そういう意味でも、全力を尽くすべきは面接そのものなのです。

もし、礼儀だから出さなくては気がすまないという場合は、逆効果にならないよう気を使うべきです。まず、出すタイミングはその日のうちか遅くとも翌日まで。また、あくまでも面接に対するお礼をメインとし、あからさまな追加アピールは無しとします。

会社の印象、面接の感想、そして、さらに意欲が増したこと等を簡潔に短い文章でまとめるようにしましょう。

●関連リンク
→面接の心得

<まりりん>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ