転職への準備はこれをやれ! —直前にやっても間に合いません— | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル

IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 転職への準備はこれをやれ! —直前にやっても間に合いません—
コラム:IT業界転職の技術
第931章

転職への準備はこれをやれ! —直前にやっても間に合いません—

2019年10月18日

直前では間に合いません

先週の連休は台風19号が日本に上陸し、多くの地域で川の氾濫など大きな被害がありました。皆さんのお住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか。

今回の台風はこれまでにないくらいの規模であり、停電などの被害も予想されており、私は前日にそれらに備えるべく、スーパーでの食糧品の買い込みを試みました。しかしながら時すでに遅く、野菜コーナーはほぼ売り切れ、パンと水はひとつ残らず買われていたという状況でした。
台風の上陸は前々から分かっていた事であり、尚且つ防災対策という点で言うと日頃からやっておくべき事です。しかしながら、いずれも直前まで備えを出来ておらず、もしもこの台風で停電などの被害にあっていれば痛い目にあっていた事は間違いないでしょう。

いずれ直面することに対しての備えを直前にしてしまうと大抵の事はうまくいきません。これは転職活動でも同じです。導入がやや強引(?)な気もしますが、本コラムでは「いずれは転職を」と考えている方にとって、具体的に何をすればよいのかをお伝え出来ればと思います。

日ごろやっておいた方が良い事

防災観点でもそうかもしれませんが、日ごろやっておいた方が良い事はなんといっても情報収集です。特にIT業界、コンサル業界の転職市場は日々変化をしており、日ごろから情報収集をしておいて損はありません。また、情報収集をする事のメリットとしては、「どういった経験が求められているのか」が分かる事です。

昨今では、一生今の会社に勤めようという方は減ってきており、特にIT・コンサル業界は「いつかは転職を」と考えている方が非常に多いです。ただ転職をするとなった場合、場当たり的に転職をするよりも、事前に情報収集をしっかり行なって着々と準備を進めた方が成功率が高いのは明らかです。意識されている方が案外少ないのですが、転職は中途採用、つまりは即戦力が基本原則となりますので、「○○に興味があります。やる気だけは誰にも負けません」では面接どころか書類選考も通過しないのが現実です。

従って、「如何にすれば自分の市場価値を高める事が出来るのか」について常に情報収集を行い、日ごろから経験の積み上げなど、準備を進めていく事が重要となります。

具体的に何をすればよいのか?

それでは、具体的に何をすればよいのでしょうか。

市場価値を高めるための具体的な情報収集、その基本は「求人票を見る」になります。
市場価値を高めるという事を念頭に置いた場合、いくら得意な領域があったとしてもそれが求められているスキルでなければ意味がありません。そういった意味で「何が市場で求められているのか」を知るには、求人票の「必須要件」を見るのが一番なのです。同じ領域の求人であれば、いくつか見ていると同じような要件が入っている事に気が付くと思いますので、それらが今後の準備において非常に役に立つ「情報」となるでしょう。

また、勉強会に参加する事も非常に有効です。特に土日に開催されている勉強会には意識の高い優秀な方々が集まっており、情報収集は勿論、参加者との交流などで視野を広げられるという意味でも有意義な活動です。勉強会については、現在弊社でも月一ペースで活動を行っておりまして、ご興味をお持ちであれば是非ご参加いただければと思います。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

筆者 国吉 孝野
#関連記事

転職をお考えの方は、ぜひご相談を。

IT業界出身のコンサルタントが、
あなたの転職活動をフルサポートいたします。

転職支援サービス
に申し込む無料

このページのトップへ