1社しか応募しません! | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第835章

1社しか応募しません!

— 「視野の狭さ」でお見送りになる例も —

2018年3月9日

イメージ

転職活動で、何社の企業に応募するかは人それぞれです。たくさんの企業に応募する方もいますが、「1社にしか応募しない」と言う方も実は多くいらっしゃいます。

1社だけ応募することが決して悪いことではなく、希望の企業が決まっている方は得てして自己分析やその企業のリサーチも十分にしている場合が多いため、そのままその企業に入社していく、という例も確かにあります。
ただ、1社しか受けないことが、逆にリスクになることもご存知でしょうか。

「1社しか応募しません!」・・・比較は?

例を挙げて説明しましょう。
ある企業で活躍されてきたAさんは、「絶対にこの企業に行きたい」ということでS社を希望されていました。
AさんはS社のことをよく調べ、自己分析もしっかりされていました。確かに自身の転職理由や希望条件にも合致していて、第一志望になるのは客観的にみても納得のいくものでした。

ただ、Aさんは初めての転職。どうしても先入観でS社を美化し過ぎてしまっている点、憧れなどが見て取れました。そこで私からは「少なくても3社程度は受けたほうがいい」とアドバイスし、以下のポイントで理由を説明しました。

  1. 他と比較ができない。例えば実際に内定段階になったとして、年収面で現職より100万下がると言われた、または実際に一緒に働く方とマッチしないと感じたら?
  2. 初めての面接は絶対に緊張する。「練習」と言うと言葉は悪いが、いきなり第一志望の面接に行くのは実力を出し切れず後悔する可能性がある。
  3. 入社後リスクもある。一種の憧れや1社だけ受けて入り実際に入社後「思っていたものと違う」となった場合、「他も受けておけば良かった」と思っても手遅れである。もちろんどれだけ比較しても辛いことがあればそう思うようなことは誰しもあると思うが、冷静に分析・比較し、その上で懸念点なども理解の上入社すれば乗り切れるはずだ。

Aさんはそれでも「S社ありきでの転職活動であり、忙しいこともあるので何社も受けられない」ということでS社だけに応募しましたが、結果、残念ながら面接でお見送りになりました。理由は「弊社しか受けていないということだった。弊社の場合には一つありきでの解決策提案はしていない。常に冷静に比較し、その上で顧客に最適な提案を出来る方を求めている。Aさんは優秀な方ですが、視野が狭いためお見送りとします。」ということでした。

最低何社受けるべきなのか

もちろん、1社だけを受け内定を勝ち取り、そこで活躍している方もたくさんいます。ただその大半は、2回目以上の転職の方です。そして2回目以上の転職の方でも、先述のポイントなどから、「また転職することにならないように少なくても他に1,2社は受け冷静に比較した方が良い」と申し上げている点に変わりはありません。

私自身も実際に転職を経験していますので、転職活動の大変さは重々承知しております。現職には隠し、業務後の時間や土日を使い対策をして、夜に面接に行くというのは非常に大変です。ただ、それでも私としては「3社すら受けられないなら1社の対策も十分にはできない」と思っています。

Aさんの例に戻ります。Aさんはその後現職に残り、1年しっかり経験を積んだ上で、再度転職活動したいという旨連絡をいただきました。二度目の活動時には以前お見送りになったS社と競合になるG社の他、まったく毛色の違うH社やI社も受けた上で、最終的に3社とも内定を勝ち取り、G社へ入社しました。

AさんはG社への転職が決まった後、以下のようにおっしゃっていました。
「当時G社も調べてはいて、気にはなっていた。でも実際に受けないとやはり分からない。当時にもしS社だけでなくG社を受け、さらにその時点で両方内定を勝ち取っていたとしたら、それでもG社に行ったのではないかと思う。またH社やI社を受けたことも、今後の視野が広がり、非常に刺激になった。比較は大事でしたね。」

Aさんとは今ではたまに飲みに行く仲でもあるのですが、今もG社で活躍され、充実した日々を送っているそうです。

視野を広げ冷静に比較を

「どうしてもここに行きたい!」という思いは非常に良く分かります。ただ、それでも是非一度冷静になり、1社でもいいので他の企業も見てみてはいかがでしょうか。
そのことで思わぬキャリア・企業と出会い、転職活動当初には名前も知らなかった運命の企業に入社する、ということもあるかもしれません。

<ジャパ>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ