テレビの買い替え時と、転職活動の始め時 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > テレビの買い替え時と、転職活動の始め時

コラム:転職の技術

第799章

テレビの買い替え時と、転職活動の始め時

— 転職活動をいつから始めるのか、悩むのはもうやめよう —

2017年6月9日

イメージ

データで見る転職活動に最適な時期

転職活動をするにあたって、誰もが気になる問題として挙げられるのが、「何月頃から転職活動を始めれば良いのか」ということですよね。私がこのコラムを書くにあたって、私自身も気になったので、様々なWebサイトでその答えがどう書かれているかを調べてみました。調査した結果は以下の通りでした。

最適な転職時期と回答している数

このデータを見る限りでは、「3月」「9月」が転職に最適な時期であるということが言える"かも"しれませんね。本題に入る前に、このデータの内容を紐解いていきましょう。

まず、なぜ「3月」「9月」が最適という解答が多いのでしょうか。答えは、その翌月に何があるかを考えると一目瞭然です。転職先に何月に入社するかは、誰もが可能な限りキリが良い時期を希望すると思います。一般的に企業は4月と10月を上半期、下半期の期初としているところが多いので、その4月、10月を目指して転職する人が多くなるでしょう。すると何が起きるかというと、1月、8月頃から転職活動をしていく人が増えていき、3月、9月に退職が確定するので、そこに欠員が生じます。欠員が生じれば、企業としてはそこを埋めなければいけないので、採用活動を実施することになり、そのポジションの求人が登場します。従って、その時期であれば求人数が多くなっているので、転職活動に適しているというロジックになっています。
確かに、求人数が増えれば選択肢も増えるので、転職をするには最適な時期と言えるかもしれません。ただ、本当に最適なのかは次の章でお話しします。

次に、このデータを見て思うことがもうひとつあります。「3月」「9月」が解答数では最も多いのですが、一方ではいずれの月であっても最適だと答えているサイトがあるということです。これが転職者を困らせてしまう原因なのかもしれませんね。求人数が少ないからこそ狙い目だという記事もあれば、転職活動をする人が少なくてライバルがいないから狙い目だという記事もあります。どれも一理ありそうではありますが、どれを信じれば良いのか分からないですよね。

以上の二つの観点から、私なりの結論を申し上げますと、「答えはありません」が答えです。誤解を招かないようにお伝えすると、誰が何て言おうと関係ないんです。あなたの転職です、あなたが決めるのです。バカを言うんじゃない、それが分からないから調べているんだという意見も最もですが、もっと核心的なことを言うとすれば、『このコラムにたどり着いた瞬間から始める』が答えだと思います。某予備校講師の言葉を拝借すると、「今でしょ」ということです。なぜ今なのか、その根拠をお伝えします。

テレビをいつ買い替えるか

突然ですが、あなたはいつテレビを買い替えようとするでしょうか。新しいモデルが出た瞬間、例えば8KTVが出たときでしょうか。型落ちのものが格安で売られるようになったらでしょうか。私の父親もそうだったのですが、何か家電を購入しようとすると、「すぐに新しいものが出るんだから今買う必要はない」とよく言っていました。その結果は想像の通り、結局それがループして10年経っても古いTVを使っていました。パソコン購入を考えていた時も、新しいものが出るまで待つと言って、結局10年ぐらい古いものを使っていました。

これは転職活動にも言えます。転職活動を始めた際に、「もう少し待てば新しい求人も出てくるだろう」「これよりも良い求人があるかもしれない」という理由から静観する、その結果いつまで経っても転職できない。気が付けば年齢だけが…。更に悪いことに、今まで出ていた魅力的な求人まで充足によりクローズし、あの時転職活動すれば良かったと後悔する。タイミングを逸したために、満足な転職活動が行えない、それは避けたいところです。

ではいつテレビを買い替えるか、もちろんこれに答えは無いですが、「今欲しいなら、今買うのが良い」と私は思います。

別の話もしましょう。例えば5月頃からあなたが転職活動の情報収集をはじめたものの、ネットで調べると9月が最適だと書いてあったから、9月まで待つことにした。その結果何が起こるか、現職に対するモチベーション、パフォーマンスの低下です。5月から9月までの5ヵ月もの間、頭の中にあるのは常に転職のこと。そうなると、無意識のうちにも、現職の仕事に対するパフォーマンスは落ちます。「どうせ転職するんだから」と。そんなことにはならないという人もいると思いますが、そうなる可能性は十分にあります。経験上、転職活動を始めてしまうと、意識せずとも気持ちがそっちに行ってしまうのです。

これらのことをまとめると、タイミングを逸しては意味がない、社会人たるもの会社に迷惑をかける行為はしてはいけない、そして転職活動の情報収集を始めた瞬間は、転職に対する熱も高く、転職活動自体も高いモチベーションを保って続けることができます。つまり、「転職を思い立ったとき」こそ、あなたが転職活動をすべき最適な時期だと思います。それは、もしかしたら、このコラムにたどり着いた今なのかもしれません。

<LAZ>

転職をお考えの方は、ぜひご相談を。

IT業界出身のコンサルタントが、
あなたの転職活動をフルサポートいたします。

転職支援サービス
に申し込む無料

このページのトップへ