ベンチャーを目指す志と、大手を目指す志 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > ベンチャーを目指す志と、大手を目指す志

コラム:転職の技術

第616章 ベンチャーを目指す志と、大手を目指す志

転職活動は、1人1人の自己実現に向けた手段です。それぞれの志によって、大手企業を目指す人もいれば、中にはベンチャー企業の方が合っている方もいるでしょう。中には誰もが知っている大手企業から、ベンチャー企業へと転職をしていく方もいます。見方によっては「安定した地位を捨てて勿体ない」と言われるかもしれませんが、転職先が自己実現の場としてふさわしければ、その転職は大成功と言えます。

但し、結果的にベンチャーへ入社した人でも、はじめからベンチャーありきで転職活動をしていた人はほとんどいないと思います。これは私の印象ですが、ベンチャーに拘ったわけでは無く「自分のやりたい事」を突き詰めた結果、それが実現出来る最もふさわしい環境がベンチャー企業だったという人が少なくありません。ベンチャーのリスクは承知した上で、それでも自分の想いを実現したいという強い志のもと、決断されている方が多いです。

さて、ここで考えたいのが大手企業を目指す人の志です。大手であれば案件数や案件規模、上流工程への参画機会など、環境的に恵まれているのも確かに事実です。それらを目的に転職するのであれば問題ありませんが、ただ単に「安定」だけを求めて転職するのであれば、再考する事をお勧めします。

「大企業で働くこと=安定」という価値観は、今の時代ではもはや当てはまりません。むしろ大企業は積極的に経営改善を行っており、いわゆる大企業病にならないようにどの会社も必死です。安定した生活を望んでいるのであれば、その答えは大手企業ではありません。市場価値の高いスキル・経験を身に付け、どの企業でもやっていけるだけの人材へと自分自身をチューンアップする事の方がよっぽど安定的です。

大手もベンチャーも、会社としてのメリット・デメリットはもちろんあります。
ただ、今の時代で本当に必要なのは、自身の志。企業規模だけに拘らず、自分の想いを実現出来る環境を求めて活動する事をお勧めします。

<鈴木 裕行>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ