選考スピードが早まっています | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 選考スピードが早まっています

コラム:転職の技術

第555章 選考スピードが早まっています (12/6/8)

求人の数が増え始め、転職活動を行う方には多くの企業への応募チャンスが増えてきました。また同時に転職希望者も増えてきたため、転職市場は非常に活気づいてきております。
応募から内定までの期間は、1ヶ月〜2ヶ月が普通でしたが、1週間程で内定が決まることもあり、今までにない位のスピードで選考も行われてきています。

そんな中、これから転職活動を行う方は、そのスピード感を是非理解して欲しいと思っています。最近は携わって頂く業務に応じて、求人を細分化して募集する企業が増えてきており、求人数は多いですが、一つ一つの求人の募集人数は少ないため、募集が始まっても、すぐに募集終了になる求人も多いです。それが人気のある企業であれば尚更です。

よって、応募するか迷っているうちに募集が終了になってしまうこともありますので、スピード感は重要なのです。実際、最近でも応募検討中だった方や時間をかけて職務経歴書を作っていた方が、応募をしようと動き出した時に募集が終了となり、応募が出来なかったケースがございましたので、非常にもったいないと感じました。

求人は生ものですので、募集が終了したら、次、いつ同じ求人が募集になるかは分かりません。業務内容や求める経験がニッチなものであれば、もしかしたら二度と募集されない可能性もあります。そうなったら一番、後悔するのは転職者自身ですので、転職活動はスピード感を持って動かれることをお勧め致します。

 

<セイヤ>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ