面接で意味のある質問をしてますか | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 面接で意味のある質問をしてますか

コラム:転職の技術

第535章 面接で意味のある質問をしてますか (12/1/13)

面接で必ずと言っていい程聞かれることとして、「最後に質問はありますか?」という問いがあります。この問いに対して皆さんはちゃんと質問をしていますか?

質問をしていない方に理由を聞くと、聞きたいことがないからと言った回答を頂くことがありますが、本当に聞きたいことはありませんか。自分がその会社に入社したことをイメージして頂くと、分からないことや聞きたいことは必ずあるはずです。面接官は質問の有無で志望意欲を確認していることもありますので、必ず質問をすることが重要です。

また、質問をしている方については、意味のある質問をすることが重要です。福利厚生など業務とは関係のない質問をしたり、面接官の回答に対して反応できない質問は避けた方が良いです。質問をするからには自分なりの考えを持っていることが必要で、一問一答よりは、質問から言葉のキャッチボールができることもコミュニケーション能力として評価に繋がるのです。

よって、単なる最後の質問と捉えずに、選考における重要なポイントとして、今後の面接で実践していって頂ければと思います。

<武士道>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ