内定受諾前に必ず労働条件を確認しましょう! | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 内定受諾前に必ず労働条件を確認しましょう!

コラム:転職の技術

第522章 内定受諾前に必ず労働条件を確認しましょう! (11/10/07)

内定はやはり嬉しいものです。
しかし、焦らず条件などをよく確認することが大切です。

一般知識として、法律では、企業は労働者に対し労働契約を結ぶ際、労働条件を必ず書面で明示しなければいけないことになっています。(労働基準法第15条)

項目としては、

(1)労働契約期間(正社員の場合は、「定めなし」となります)
(2)就業場所、業務内容
(3)始業・終業時間、残業有無、休暇について
(4)賃金について
(5)退職について

などがあります。ただし、法律とはいえ、あまり細かく確認しすぎると心証が悪くなる可能性もありますので、転職エージェントのアドバイスを良く聞いて確認するようにしましょう。

<槍穂縦走>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ