現職で高い評価を得ている方が転職で失敗する!? | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 現職で高い評価を得ている方が転職で失敗する!?

コラム:転職の技術

第515章 現職で高い評価を得ている方が転職で失敗する!? (11/8/19)

転職活動を行っている方には、現職で高い評価をもらっている方も多くいます。
高い評価をもらうことはすばらしいことですので、良いことだと思いますが、転職市場において見た時、時として高い評価をもらっている方の中には自信過剰になってしまう方がいます

自信を持つことは面接の中でプラスになりますが、自信過剰になってしまうとマイナスになってしまうのです。例えば、面接官に対して上目線で話してしまう方、自分の主張だけ述べてしまう方など様々です。
面接はあくまで行ってもらっているということを認識して、謙虚に臨むことが重要です。

また、転職では余程の理由がない限りは現在の会社よりもレベルの高い会社へ応募していくと思いますが、レベルの高い会社で、現職と同じ高い評価をされるとは限りませんので、現職と同じ感覚で面接に臨んでしまうと痛い目にあってしまいます。

周りが見えず、自分は出来る人間だと思いこむ人ほど、たちの悪い人はいませんよね。

今一度、今までの自分の言動を振り返って頂き、もし少しでも自信過剰になっていた部分が頭をよぎったら、見直すことが転職を成功させるための一歩です。

<セイヤ>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ