退職後に行う保険の手続き | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 退職後に行う保険の手続き

コラム:転職の技術

第461章 退職後に行う保険の手続き (10/7/11)

離職期間を空けずに転職できるのが最適ですが、退職から次の会社へ入社するまで期間が空く方もいらっしゃいます。その場合、これまで会社で加入していた保険などを切り替える必要があるため、速やかに手続きを行いましょう。

今回離職後の保険の手続きについて、ご説明します。
下記は退職後に必要な保険の手続き一覧です。

<年金保険>
■国民年金への加入

時期:退職から2週間以内
退職日が月末でない場合は、退職する月の分から国民年金の第1号被保険者として保険料を納付します。
手続先:役所・役場
必要書類:年金手帳

<健康保険>
下記のどちらかを選べます。

■在職時の健康保険に継続して加入する

時期:退職から20日以内
手続先:全国健康保険協会 もしくは、直近の企業の健康保険組合
必要書類:
・健康保険任意継続被保険者資格取得申出書
・住民票
・被扶養者がいる場合は被扶養者異動届も必要です。

■国民健康保険資格取得届(国民健康保険に切り替える場合)
時期:退職から2週間以内
手続先:役所・役場

必要書類:健康保険資格喪失証明書、退職証明書、離職票のいずれか。

それぞれ保険料が異なるため、比較して安い方を選ぶことをお勧め致します。
国民健康保険は一律の金額ですが、任意継続による健康保険は年収に応じて変動します。

<雇用保険>
■離職票の受け取り

時期:退職から10日前後
手続先:直近の会社

■求職の申込み・失業給付受給申請
時期:離職票を受け取り次第、出来るだけ早めに。
手続先:ハローワーク
必要書類:離職票、雇用保険被保険者証

詳細については、各手続き先で確認できるので、不明点があれば問い合わせてみると良いでしょう。

<peridot>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ