初心忘れるべからず | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第448章 初心忘れるべからず (10/4/4)

4月新年度、新入社員の方々が街で見受けられ、こちらの心もあらたまります。新入社員さんのスピーチで良く耳にする「初心忘れるべからず」、この言葉の意味についてみなさんご存知でしょうか?

私の認識では「物事を始める際に立てた目標や思い」でしたが、この解釈は"初心"ではなく"初志"となり、本当に正確な解釈は以下のようです。

「物事を始めた頃の未熟で失敗ばかりであった時の記憶――その時に味わった屈辱や悔しさ、そこを切りぬけるために要した様々な努力など、を忘れてはならない」

初心を忘れると初心に戻り、また同じような失敗を繰り返してしまうから、"忘れるべからず" なのだそうです。

自分の立てた目標が何であったのかと同時に、どのような苦労の末に今の自分があるのかを忘れずに、日々の生活や転職活動に取り組んでいただければと思います。

<コンサルタント B2>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ