適正な会社とは? | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第438章 適正な会社とは? (10/01/24)

大企業での勤務経験がある方に多い傾向なのが、「転職先もある程度の規模感 で」と希望していることです。

しかし、不況下でそこにこだわり過ぎると、門戸が狭いこともありますが、志 望動機も曖昧になりがちなので、結果内定を勝ち取ることが難しくなります。 そうなると、在籍していた会社よりも、社格や規模が劣る企業を受験すること になるんですけれども、モチベーションを上げられないまま臨んで、そこでも 不合格になる。

このデフレスパイラルに陥る方を良く見かけます。 適正な会社とは、いろんな意味で妥協出来る企業で、且つ、内定した会社だと 思います。妥協出来ないと受験企業も決められませんし、内定しないとそもそ も転職できません。

不景気な世の中ですので、転職マーケットを客観的に見て、適正な会社を見つ けて下さいね。

<大外一気>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ