管理をするということ | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第411章 管理をするということ (09/6/28)

転職活動中の皆さん、自分が受験している企業様を把握されていますか?
この景気の中、人材紹介会社/求人媒体を使って多数の応募をされている方は 多いと思います。ただ、私共とお話させていただいた際に、現在「受験されて いる企業を把握されていない」という方とお会いします。
これは活動の仕方としてNGです。以下のデメリットが考えられます。

1.二重応募の可能性があり、企業の心証が悪くなってしまう。
2.自身で管理していないため、選考スピードがうまく調整できない。
3.企業研究をしていない証明のため、面接がうまくいかない。

特に3は問題です。面接で、
「何故その企業を志望したのか?」
「入社してどんな事を実現したいのか?」
代表的なこの2点をしっかりと準備し、答えられないと面接通過はままなりません。

この景気ですので多数応募しなければいけないのは当然ですが、管理をすると いう事は、自分の認識をただすという点もあると思います。紹介会社とタイア ップし状況を把握し、1社1社に対する思いをしっかりと表現いただければと思 います。

<B2>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ