2〜3人/100人中の割合 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第401章 2〜3人/100人中の割合 (09/4/17)

年度の変わり目ですので各企業の採用計画の見直しが行われています。
それに伴い、企業へ採用計画の確認に出かけることが増えています。

大人気の大手SIの人事担当の方々が同じことを言っていたのでびっくりしたんですが、
応募からの内定率は2〜3%なんだそうです。
しかしこれは最近の不景気のせいではなく、以前からこの割合は変わらないそうです。

それまでに書類選考のNG連絡、数多くの面接をこなす労力はかなりのものだそうです。

「あっ、地頭良くって優秀だな」って思える方は1人/100人中なんだそうです。
内定を勝ち取った人でも「現場がどうしてもって言うから・・・」で内定という場合もあるようです。
人事部が疑問符付けて内定する場合もあるんですね。

結局何が言いたいかと言いますと、
大手SI企業が内定を出したいエンジニアは2〜3人/100人中って事です。

ですので、大手SI企業を目指す方は、100人のエンジニアがいると仮定して
「TOP1、2に入れるか?」を意識して仕事を頑張ってほしいです。

もちろん評価基準は、地頭力です。
つまり、第一印象、ビジネススキル、人間力のトータルで優れている人です。

みなさん頑張って下さい。

<大外一気>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ