高い年収だけにこだわり過ぎてはいけない理由 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 高い年収だけにこだわり過ぎてはいけない理由

コラム:転職の技術

第384章 高い年収だけにこだわり過ぎてはいけない理由(08/12/12)

せっかく思い切って転職するのだから…と、
希望年収を現収入より高く設定されている方は多いと思います。

実際、「外資系企業に転職したいです。理由は、年収アップのために英語を一生懸命勉強したからです」
とお答えになる方もたくさんいらっしゃいます。

確かに、外資系企業は国内企業に比べてみると、年収レンジは高いですね。
外資系企業は何故給与水準が高いかをお考えになったことがあるでしょうか。

実は、【終身雇用】という概念のない外資系企業に於いて、
給与が高いということはそれだけでリストラに遭いやすいことも意味するのです。
この傾向は、国内企業にも広がってきました。【高いオファー】はすなわち【企業の期待】を表します。
スキルがその大きな期待に応えていないと企業に判断された場合、
その転職者はリストラの対象になる可能性が高いです。
そのリスクを孕んだ給与アップなのです。

例えば、年収アップの目標として年収一千万を目指すならば、
どんな企業が、どのような仕事に対して一千万の報酬を支払っているかを知り、
その仕事のスキルや経験がご自身にあるかどうかを客観的に分析することがとても重要です。

転職によって一足飛びに年収アップを目指すのではなくて、
ご自身のキャリアについて長期的に戦略を立て、足りないキャリアをどう身につけていくか、
そして結果的に希望年収に近づいていく道筋を見つける、
というご提案もリーベルでは行っておりますので、ご利用いただければと思います。

<ondine>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ