退職交渉について | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第335章 退職交渉について(07/12/23)

内定を勝ち取った後、ホッとするのもつかの間。
次に待っているのが、退職交渉です。

交渉のタイミング、やり方次第で大きく変わってきますので、注意をしましょうね。

一般的には、退職予定日一ヶ月前に辞表を出します。
法的には2週間ですが、引継ぎのことを考えても、一ヶ月は必要ですね。

PL/PMクラスの方ですと、二ヶ月前に辞表を出した方がいいと思います。
若手の方であれば一ヶ月で十分です。

派遣っぽいビジネスのIT企業のエンジニアですと、少し事情が異なります。

ユーザとの契約の関係で、引継ぎの人材確保に困る場合があります。
その場合、強引な引止め工作が行われる事もしばしばです。
二ヶ月位の余裕をもって辞表を提出する事をお勧めします。

基本的には、「職業選択の自由」が優先されます。

困った事があれば、いつでもご相談下さい。

<大外一気>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ