生涯賃金から見た派遣での仕事 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 生涯賃金から見た派遣での仕事

コラム:転職の技術

第269章 生涯賃金から見た派遣での仕事 (06/8/28)

 転職支援で面談した方のお話です。この方は27歳。初めての転職でした。
色々お話を聞き、最後にこの方が言われたことは、「派遣でもいいのですが・・」形にはあまり拘っていないとの事でした。

 実はびっくりしました。Javaエンジニアとして、どの企業でも欲しがる人材でした。じっくりとお話を聞くと、派遣をしたいわけではなく、単に拘りがないだけでした。またその生涯賃金の差も理解していませんでした。

 そこで、正社員と派遣の違い、特に生涯賃金で見た場合は、1億円の差が出ることを説明しました。正社員の生涯賃金は約2億〜3億、派遣の生涯賃金は1億〜1億6,000万円です。その差は倍近くになります。

 ITエンジニアの場合、実は若いときは派遣の方が高い方もいます。時給4,000円で月200時間働けば月80万円、年間960万円です。しかし生涯では、前記のように差がつくことを理解する必要があります。

 もちろん、派遣も良いことがあります。何らかの事情で希望の職に就けなかったとか、ある技術を身につけるためとか、将来に向けて一定期間を合理的に利用することは非常に良いと思います。

 面談した方は、正社員で応募し大幅年収アップで転職をしました。今は、ITエンジニアは売り手市場です。この時期、派遣から正社員へシフトするには非常に良い環境です。

 派遣、正社員のメリット/デメリットを良く理解しキャリアプランを立てましょう。

<チーフ コンサルタント TI>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ