圧迫面接について | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第262章 圧迫面接について(06/7/10)

  最近では、少なくなってきましたが、企業によっては圧迫面接を行う場合もあるようです。

  昔のような高圧的な「圧迫」ではなくて、理詰めで「どうして?」と問いかけるソフトなものが多いようです。

  もちろん、転職希望者は「手応えないな・・・」と落胆する事が多いですが、合否はまた別のようです。

  圧迫面接のような厳しい面接を行う担当官は、その受け答えに注目しています。

  では、厳しい面接官の場合の対処法は・・・

  1. しっかり受け答えする。
  2. 感情的にならない
  3. 正解の答えはないので、思ったことを答える
  4. あきらめない
です。

  面接担当者は、面接の受け答えをみて、人間力を見ています。追い詰められた時にその方の本性が出ますからね。

  みなさん、しっかり頑張りましょう。

<大外一気>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ