オープンマインドで話をしてみよう | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > オープンマインドで話をしてみよう

コラム:転職の技術

第195章 オープンマインドで話をしてみよう (05/2/28)

 仕事柄様々な転職者の方とお話をする機会が多い。面談の席で初めからざっくばらんにお話してくる方や、慣れるにしたがって徐々に話をしてくる方と人それぞれである。

 これはどこから来るものなのかと考えることがあるが、やはりその方がお持ちの個性から来るものと思われる。ただ、我々キャリアカウンセリングをする者としてはできるだけ色々な話を聞かせてもらいたいものである。その方が持っているキャリアに関するお話や、ご自身の将来像とかそういうところまでお話していただければ、踏み込んだ話ができ、自ずと希望に近い提案がしやすいものである。

 そのためには我々との面談の席では出来るだけオープンマインドで話をしていただければと思う。小生は相手の方が話をしにくそうにしている場合は「〜についてはどうお考えですか」とかと言う問いを投げかけ出来るだけ相手に話をしていただくようにしている。

 自分から話をすることで気持ちも段々ほぐれてきて色々な話をしていただけるきっかけになるようだ。ただ、面談には限られた時間があるため時間との勝負もあることは事実である。

 そのため、我々との面談に望むスタンスとして「オープンマインド」と言うことを覚えておいてもらいたいものである。

<夢追い人>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ