どうして企業は人材紹介会社を使うのか? | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > どうして企業は人材紹介会社を使うのか?

コラム:転職の技術

第27章 どうして企業は人材紹介会社を使うのか?(01/10/8)

紹介会社を通して採用するという方法をとる企業が多いのはなぜでしょうか?これには、明確な理由があります。

まず、求める条件に肉薄した人材を効率的に得られるため。自社での直接募集だと、どうしても条件外の応募者の比率が高くなり、採用業務のコストがかかる割には結果(採用)に結びつかないことが多い。その点、紹介会社を通じてであれば、企業の求める条件を紹介会社が理解した上で、選択して紹介してくれるので、採用に結びつく可能性が高く結果的に採用者一人当りにかかるコストが押さえられる。

また、選考中に発生する日程調整や細かな連絡も紹介会社を通すことによって、スムーズに進むことが多く、時間的なロスが少ないことも採用側には大きなメリットです。

更には、紹介会社のコンサルタントとのコミュニケーションの取れている方だと、入社前に企業に対する事前の理解度も高いので、採用後の定着率が高い傾向にあると言われています。

以上のような採用側のメリットも踏まえた上で、紹介会社と良いお付き合いをすることが、転職成功の早道です。

<まりりん>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ