キャリアプラン 4つの落し穴(その1) | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > キャリアプラン 4つの落し穴(その1)

コラム:転職の技術

第56章 キャリアプラン 4つの落し穴(その1)(02/5/13)

私たちは毎日多くの方の転職支援・転職相談をさせて頂いております。その実体験から、皆さんが陥りやすい落とし穴は次の4つがあります。

1)できると事とやりたい事のギャップ差に気がつかない
2)旬の時期を逃す
3)収入を近視眼的に判断する
4)めったにないチャンスを逃す

仕事で自己実現と収入という2つの大きな要素をできるだけ満足できるように計画推進する事がキャリアプランと考えます。その2つの比重は個人の人生観で大きな違いはあります。しかし、これはどちらを取るかではなくどちらも大きくできますし、小さくもなります。むしろ満足できる仕事をやっている人ほど収入が高いのではないでしょうか。これらを実現する1つの方法が転職ですが上記4項目は常にチェックしておきましょう。

35才のAさんという男性。経理をやってきたが、これからはITなので10年勤務した会社を退職。妻とも相談の上でPCスクールに通ってシスアド資格とプログラム開発言語も学んだ。さあIT業界でシステムエンジニアとして転職しようと活動してみたがどこも書類選考すら通らない。『勉強してITは面白かったし、経理の知識もある、年収の贅沢は言わない、人の2倍は努力します、是非私を使って見て下さい。』これがまったく企業の採用側には通じ無かった。

退職する前に私どもに相談頂ければもっと違った選択もあっただろうにと思いました。これは自分が『できると思っている事』が企業は『できない』と判断している典型的な例であり、やりたい事とできる事のギャップに気がつかずに動いてしまった悲劇です。これは極端な例ですが実際あった話です。現実にこれに近い事は多くあります。

次週は『旬の時期を逃がす』について

<コンサルタント TI>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ