ファスト・トラッカー | ケンゾウの戦略コンサル物語 | IT転職 エージェント リーベル


ケンゾウの戦略コンサル物語

ケンゾウの戦略コンサル物語
筆者プロフィール: ケンゾウ
大学院修了後、メーカーでエンジニアとして勤務。その後、外資系の戦略コンサルティングファームに転職。幾多の苦労を重ねながらも、数年間をそのファームで過ごした後に卒業し、現在は投資ファンドで働いている。

第53話
ファスト・トラッカー

ファスト・トラッカーとは

こんにちは、ケンゾウです。戦略ファームは完全なる実力主義です。その点に関しては、非常にフェアな評価がなされていると思います。もちろんコンサルタント個別でみると、自分の評価に不満を持っているケースもあるかもしれませんが、全体で見れば、通常の会社と比較して圧倒的に実力主義が徹底されていると思います。

そうすると何が起こるのか?個人ごとにプロモーションするスピードが大きく異なってくるのです。中には、驚くようなスピードで上り詰めていく人もいます。いわゆる「ファスト・トラッカー」と呼ばれる人々です。今日は、そんなファスト・トラッカーについて書いてみたいと思います。

通常の会社であれば、ランクが一つ上がるのにどれくらいの期間が必要でしょうか?例えば、平社員から係長になるまで。係長から課長になるまで。大企業であれば、5〜10年といったところでしょうか。

戦略ファームの場合、通常の人でも2〜3年でタイトルが一つ上がるところを、早い人では1年で、年に2回プロモーションのタイミングがあるファームでは最短半年でタイトルがあがることがあります。これを繰り返すと、どうなるか?中途の場合は何歳でファームに入るかによるので新卒入社の場合で考えると、早い人では30代前半でパートナーまで上り詰める人が出てくるのです(極小数ですが)。

パートナーとは共同経営者の一人です。自分でプロジェクトを売ってきて、プロジェクトの最終責任を持つ人です。30代前半で大企業の役員相手にそんなことが出来るのか不思議に思われるかもしれませんが、実際にそういう人がいるのです。

どんな人がファスト・トラッカーになれるのか?

では、ファスト・トラッカーになれる人はどんな人なのでしょうか?宇宙人なみに頭が切れる人でしょうか?特殊なスキルや人脈を持っている人でしょうか?

頭が切れるのは確かに要素の一つになりえそうですが、それだけでは十分ではありません。特殊なスキルや人脈については、新卒でもファスト・トラッカーになれる人がいることを考えると、最初から持っている必要はなさそうです。

私自身は残念ながらファスト・トラッカーでは無かったので、あくまでも第三者的に見ていて感じたことでしかありませんが、一つは、プロジェクトでバリューを出すことに集中し、徹底できる人であることがあるように感じています。戦略ファームのコンサルタントは、誰もがバリューを出すために頑張りますが、ファスト・トラッカーの人は、その徹底ぶりが一段上のレベルにある感じがします。普通のコンサルタントが、ここまでやれば十分バリューが出ていると判断できるレベルでも、納期までにまだ時間があるから、更にもう一段上のレベルのアウトプットが出せるんじゃないかと突き詰めていく姿勢があるのです。

また、バリューを出すためには、時にメンバーに対して厳しい姿勢を示す必要があります。現場メンバーに過剰な負荷がかかることが想定されても、バリューを出すためには頑張らないといけない場面が多々ありますので。

あとは、徹底したクライアント志向があることです。パートナーまで行き着くには、クライアントから最初に相談を持ちかけられる存在である必要があります。どこまでもクライアントの事を考え、コミットしていると思ってもらえない限り、なかなか最初に連絡をしてもらえる存在にはなれないのではないでしょうか。

このように書いて自分で読み直してみると、なんだか当たり前のことしか書いていないようにも思えてくるのですが、お伝えしたかったのは、頭の良さやスキルもあるんですが、それ以上に「姿勢」であるとか「考え方」のほうが、より重要になるんじゃないかなと感じているということです。

(次回につづく)

バックナンバー

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ


  • 無料転職支援サービス お申込はこちらから
  • 転職がはじめての方はこちら