株式会社電通国際情報サービス(略称 ISID) 求人情報 | IT転職 エージェント リーベル

IT転職 リーベル ホーム > 求人情報 > 株式会社電通国際情報サービス(略称 ISID) 求人情報

株式会社電通国際情報サービス(略称 ISID)

国内系企業
大手企業(従業員1,000名以上)
週休2日制
社宅・家賃補助制度


■日本を代表する最大手SIer。給与水準も高く福利厚生もしっかりしています。
■プロジェクトは殆どがプライマリ案件。製造、金融、流通サービス業等、得意分野も広いです。
■風通しの良い社風も魅力のひとつです。
担当コンサルタントのコメント 電通とGEが設立した国内最大級のシステムインテグレータです。連結決算・PLM分野・金融に強みを持っています。ユーザーとの関わりが深く、ハイタッチなソリューションが強みです。

グローバルな活動拠点を活かし、金融だけではなく、製造、流通業界等の大手企業を中心に、各種ソリューションの提供を行っている国内トップレベルのSIerです。
企業情報
会社名 株式会社電通国際情報サービス(略称 ISID)
代表 代表取締役社長 名和 亮一
所在地 〒108-0075
東京都港区港南2-17-1
資本金 81億8,050万円
売上高 100,679百万円
従業員数 2,879名(2019年12月末現在)
事業内容 ・コンサルティングサービス
・受託システム開発
・ソフトウェア製品(自社開発ソフトウェア)の販売/サポート
・ソフトウェア商品(国内外ベンダーのソフトウェア)の販売/サポート
・アウトソーシング・運用保守サービス
・情報機器販売・その他
会社の特徴 <電通とGEから生まれた先進的でユニークなDNA>
ISIDは、電通とGEのジョイントベンチャーとして設立されて以来、先進的な情報技術をベースに、アイデアとクリエーティビティを掛け合わせたユニークなIT専門家集団として成長してきました。日本の金融機関や製造業のトップクラスの企業と直接取引し、事業環境の変化に呼応する先進的なITソリューションを提供しています。世界でも類を見ない特色ある企業間の組み合わせ、そして先進的なビジネス領域へのチャレンジスピリットこそが、ISIDのDNAなのです。

<金融、ものづくり、企業経営・・・業務を知りつくしたITのプロ集団>
例えば、高速化・複雑化が進む金融の取引市場に対応したアルゴリズムトレード・システム。ものづくりを革新するエンジアリングプロセス。企業活動の根幹となる経営・人材情報基盤。専門特化した業務を支えるシステムの構築には、顧客以上に業務を知るスペシャリストの視点が欠かせません。業務を知りつくし、顧客と対等に向き合えるプロがいる。それがISIDの強みです。

<マーケティング×IT 二つの知見が無限大の価値を生む>
あらゆる企業活動においてデジタルトランスフォーメーションが加速する中、ISIDは電通グループ各社とともに、企業のシステムとデジタルマーケティングを融合する新たなビジネスモデルの構築に取り組んでいます。マーケティングとIT 。この両方に大きな強みを持つ企業グループは、世界に電通グループしかありません。

<たゆまぬ研究開発で次のビジネスを切り拓く>
常に時代の一歩先を見据え、企業や社会の課題を解決する新たな価値を生み出すために、私たちは様々な研究開発に取り組んでいます。IoT/ビッグデータ、AI、ロボティクス等の先進テクノロジーを、ものづくり、金融、地方創生、スポーツなどの幅広い領域に適用し、2020年とその先に向けた新規ビジネス創出を加速させています。

<8カ国13拠点のネットワークでグローバルな市場開拓に挑戦>
ロンドンに最初の海外拠点を作った1986年を皮切りに、2000年までに海外4エリア(北米、欧州、中国、東南アジア)に進出。その後も拠点を拡充し、海外ネットワークは8カ国13拠点にまで広がっています(2018年6月現在)。地域ごとに異なる法規制や商習慣に適応するITソリューションを、日本品質のサービスとローカルの推進体制で提供しています。
関連記事 電通国際情報サービスへの転職事例1 「目指すのは『顧客のビジネスの成功』 」
電通国際情報サービスへの転職事例2 「“超上流工程”を担える一次請け会社へ」
電通国際情報サービスへの転職事例3 「転職活動も“プロジェクト”と位置付け」
募集中のポジション一覧
募集職種 この求人情報は、「転職支援サービス」ご登録後のご提供となります。
ご登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みください。
既にご登録済みの方は、マイページよりお問合せください。




「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ