面接はキャッチボール | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第509章 面接はキャッチボール (11/7/3)

とても基本的なことですが、面接ではテンポ良く答えるようにしましょう。
コミュニケーションは言葉のキャッチボールだと良く言われますが、面接でもとても重要です。イメージしてみてください。相手にボールを投げました。

・なかなか投げたボールが返ってきません。
・ボールではない違うものが返ってきました。
・投げたボールを捨てられてしまいました。

言葉のキャッチボールの場合、目に見えませんので、答える本人は気が付いていないのですが、質問をした側は【違和感】を感じています。そんなキャッチボールが1時間も続けば、ストレスも溜ってきます。そして後日、次のようなお見送りの連絡をいただくことになってしまいます。

・コミュニケーション力が不足している

ご自身が大丈夫かどうかはなかなか分かりづらい部分もあるかと思います。
リーベルでは個別の模擬面接(面接トレーニング)を実施しておりますので、第三者視点でのチェック&アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

<槍穂縦走>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ