入社3年目以内の転職について | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 入社3年目以内の転職について

コラム:転職の技術

第232章 入社3年目以内の転職について (05/11/28)

  今回は、新卒入社3年目以内の転職について書きたいと思います。

  「石の上にも3年」ということわざがあるように、日本人には何事にも3年は我慢して続けた方がいいといった美徳観念があります。実際、私も体育会系出身という事もあり、この意見には賛成です。

  みなさんもこういった事から、早い段階での転職に躊躇している方もいると思います。

  しかし、昨今、企業はそういった考え方を改めているようです。

  ここ数年新卒採用を控えていたIT企業の業績がよくなり、若手エンジニアの人材不足が深刻化してきています。

  そこで、企業は新卒3年以内の若手エンジニアの採用を積極的に行っているのです。

  その際、「石の上にも・・・」といった発想はなく、新卒時のミスマッチを補填する意味合いで考えているようです。

  もし、キャリアプランにお悩みの若手エンジニアの方は、積極的にチャレンジしてみて下さい。

<大外一気>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ