転職の面接対策 基本の質問例 | 転職マニュアル | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > 転職マニュアル > 転職の面接対策 基本の質問例

転職マニュアル

転職の面接対策 基本の質問例

  中途採用の面接では必ず出る質問があります。絶対押さえておきたい基本的な質問は3つあります。

■なぜ転職するのですか(転職理由)

  面接官は今回転職を考えた真の理由、背景を知りたいため深く質問します。

  ネガティブな理由の場合は、自社でもそのようなことがあれば辞めると考えて採用を控えてしまいます。

  やりたい仕事を実現するため、目標達成のためと言った場合はOKですが、次の突っ込みがきます。それは今の会社ではできないのですか?自社で実現するためにどのような努力をしましたか?という質問が出ます。これに耐えられるだけの準備が大事です。

■なぜ、当社に応募しましたか?(志望動機)

  この質問の意図はどれだけ自社に興味があるのか、どれだけ調べてきたかを探ります。特にベンチャー企業は、ベンチャーならではの辛いことや超えなければならない困難も多くあります。それを突破して成果を出すためには自社の製品やビジネス、ビジョンを良く理解し興味を持っている方でないと難しいと考えています。

  大きな会社でも同じです。安定しているので大きな会社に入りたいというのが目的では内定はとれません。その会社で何をやりたいのか、それが重要です。

  次に突っ込まれるのが、それを実現するにはA社もB社もあるが、なぜ当社ですかと聞かれます。良く考えていないと論理が破たんします。

■入社したら何をやりたいですか?(やりたい仕事)

  この質問の回答で重要な点は2つあります。1つは退職理由と志望動機との整合性です。前の2つの質問の回答とつじつまが合っていないと話がおかしくなります。

  2つ目は、その会社で本当にできるのか?やりたいことがずれていないか注意を要します。なぜなら、実はまだ実態を詳しく知らないからです。この質問に対してはあまり細かいことを言わずに、また弾力性を持って回答することが重要です。あまり拘ると、業務は変わっていく可能性があるので希望に応えられないということで不合格になることもあります。

  以上のように面接対策というよりは常に本質的に自分の仕事と本気で向き合って深く考えておくことが大事です。

  

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ