面接の失敗例:重要な3つの一致 | 転職マニュアル | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > 転職マニュアル > 面接の失敗例:重要な3つの一致

転職マニュアル

面接の失敗例:重要な3つの一致

  次の3つポイントが一致していない為に、面接で不合格になってしまうケースがあります。これは、次の事項を良く自分自身で整理せずに面接に臨んでしまっためで、本当は違っていたと言うような事が多くあります。

  3つの事項の一致とは、

  1. 退社理由
  2. 志望動機・やりたい仕事
  3. 会社の求めている経験・やれる仕事

  スキル不足や経験不足等で不合格になる場合は、これは実力と言う事である意味あきらめざるを得ないが、時々残念と思うような理由で不合格になるケースがあります。

  1つは志望動機・やりたい仕事と退職理由が一致していない時です。退職理由は実際は非常に多くの理由があり、真実を隠している場合も多くあります。そこで退職理由と志望動機・やりたい仕事に矛盾点が見つかってしまうケースがあります。そこで面接官は応募者が何をやりたいのか判らない事になり、不合格となってしまいます。

  もう1つは、やりたい仕事とその会社でやれる仕事が一致していない場合です。当然応募時には検討して、募集要項が自分のやりたい仕事と一致していると思って応募しているはずですが、以外とこの不一致が理由で不合格となるケースがあります。これは募集要項の文章だけを見て会社の事業や方向性をキチンと捉えていない事が大きな原因の1つです。

  面接時は上記3つの一致を再確認し十分に会社の方向性も把握して面接に望みましょう。

  

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ