第一印象で8割決まる | 転職マニュアル | IT転職 エージェント リーベル


転職マニュアル

第一印象で8割決まる

  数回の面接で、その人の人物、経験、全てを見抜き採用を決める。これは、採用側にとっても非常にリスクの高い、かつ、緊張する場面です。短時間で全てを判断するために、面接官はどんな点に注目しているのでしょうか?

  中途採用で、最も重視されるのが「ヒューマンスキル」、「ビジネススキル」等の、いわゆる社会人としての成熟性です。これは、数回、数時間の面接で判断するにはあまりにも幅広く、奥の深い面でもあるのですが、実は多くの企業の採用担当は、人物性は、第一印象でほとんど判明すると言っています。人材紹介会社対象に行われた東京ガス都市生活研究所の調査によると、面接では最初の3分間で人物面、意欲などが判断されるという結果がでています。

  さらに言えば、

  • 入室時から第一声までに第一印象が決まる→47.7%
  • 自己紹介からはじめの質問への応対までに第一印象が決まる→28.1%
  • 数回のやりとり以降で第一印象が決まる→24.2%

  と、入室時から最初の質問までの数分間で、第一印象が決まると回答した紹介会社が80%もあるのです。

  上記の調査によると、第一印象で判断される事柄は、「人柄」、「常識度」、「意欲」、「合否」、「頭の良さ」が上位を占めています。また、第一印象を左右するポイントは、「表情」、「視線」、「話し方」、「聞き方」、「話しの内容」、「姿勢」を挙げています。

  これらのポイントを踏まえて、「面接時の第一印象アップ作戦」をまとめてみました。

  • 身だしなみを整えること。キーワードは「清潔感」。
    →髪型、服装、爪、足元は要チェックです。鏡を見て何度も確認しましょう。

  • 表情は豊かに。リラックスかつ適度な緊張感。
    →人前で緊張するのは当たり前ですが、その緊張をコントロールできるかどうかも重要なビジネススキルとみなされます。

  • 相手をまっすぐ見る。
    →斜め上方、下方、を見つめて話をする人が多いです。相手の目を穏やかに見て自信を持って話しましょう。

  • はっきりとした口調で、明快に話す。
    →小さ過ぎる声、あいまいな話し方、堂々巡りな話し方はマイナスです。特に日本人にありがちな失敗は、謙遜し過ぎること。素直に自己アピールすることを心がけて。

  • 相手の話を最後まで聞き、ストライクな回答を。
    →面接官は、意図を持って質問しています。すなわち、期待する回答があるのです。それは回答内容というよりもその回答の仕方、底にある考え方です。それを意識していれば、的外れな回答は避けられます。

  • 背筋を伸ばして、姿勢を正して座る。
    →自分ではまっすぐ座ってるつもりでも、斜めにかしいでいたり、背中が丸くなっている方がいます。面接前に、周りの人に確認してもらいましょう。

  

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ