転職のキャリア相談を転職エージェントにすべき理由と注意点 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル

IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 転職のキャリア相談を転職エージェントにすべき理由と注意点
コラム:IT業界転職の技術
第879章

転職のキャリア相談を転職エージェントにすべき理由と注意点

— 転職エージェントに相談する6つのメリット —

2019年1月30日

転職活動を行う際、自分1人で行っている人も多いのではないでしょうか。

もし、転職活動や今後のキャリアで不安を抱えているなら転職エージェントに相談することも考えてみてはいかがでしょうか。

今回は転職エージェントに転職やキャリアの相談をすべき理由と注意点などをご紹介していきます。

1. 転職のキャリア相談を転職エージェントにすべき理由

転職やキャリア相談やカウンセリングなどは転職エージェントから無料で受けることができます。

転職エージェントに相談することで、自分の現状を見つめなおし、転職やキャリア形成に役立てることができます。

まずは、転職エージェントに相談すると、具体的にどんなメリットがあるのかを6つご紹介します。

(1) キャリアについて、第三者的にフラットに相談にのってくれる

転職エージェントは、第三者の立場で相談にのってくれます。

転職に関係する悩みならば、どのようなことでも相談することができます。

キャリアについて思い悩んでいることを何でも相談できるので、転職する・しないに関わらず、今後のキャリアプランを相談してみるのも良いでしょう。

実際、転職エージェントに相談しながら、キャリアプランを考え、数年単位で転職活動をする方もいます。

(2) キャリアの棚卸をしてくれる

これまでの仕事を振り返り、やりがいを感じたこと、評価されたことなどを聞き、そこから求職者の強みや得意分野をピックアップしてくれます。

一つ一つのプロジェクト毎に、経験した技術、担当顧客、業務知識、開発工程、規模感、役割などを整理しておくことで、転職市場における市場価値を整理してくれるはずです。

自分ではなんとも思わないようなキャリアでも、プロの目線で整理してくれるので、今後のキャリアの指針になるはずです。

(3) 自分に合った企業を探してくれる

面談での情報を基に、求職者に合った企業の紹介をしてくれます。

求職者と話をする中で、求職者の本当の強みや目的を考えてくれるため、転職エージェントから、求職者の可能性を広げてくれる企業を提案してくれることもあります。

(4) 非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントでは非公開求人も多数取り揃えており、求職者の条件に合った企業を紹介してくれます。その中には、転職サイトにはネット上に載せていない非公開の求人も存在します。

ネットで検索していて自分に合う求人が無かったという場合でも、非公開求人の中に条件に合う企業が見つかるかもしれせん。

そのため、転職エージェントに相談することは、転職の可能性を広げる役割もあります。

(5) 合格率を高めてくれる

転職エージェントによっては、相談だけでなく合格率を上げるための実践方法を教えてくれることがあります。

たとえば、履歴書・務経歴書の添削、面接練習などを行い、求職者の合格率を上げてくれるのです。

特に、業界や固有企業のことをよく知っている、精通した転職エージェントが良いでしょう。事実、中途採用の合格率1%前後のIT企業でも、理解のあるエージェント経由だと20%前後の内定率となっている事例もあります。

(6)入社日交渉などを代行してくれる

求職者に代わって、入社日の延伸調整や面接日時の調整を行ってくれます。

今の会社と転職先の事情を考慮する必要があるため、引継ぎ作業などを行いながらの日程調整はとても大変です。

そうしたことを代行してくれるのも、転職エージェントを使用するメリットと言えます。

2. 転職エージェントに相談する際の注意点

転職エージェントは、上記のように求職者の転職活動をサポートしてくれる頼りになる存在ですが、利用には注意点があります。

特に気を付けるべき点を3つご紹介します。

事前準備を怠らない

転職エージェントに相談する前に、自分自身で事前準備をしっかり行いましょう。

面談する前に自身のこれまでの職歴や会社で行ってきた仕事、今後やりたいことなどをまとめておけばスムーズに面談が進みます。

できれば面談前にまとめておき、事前にメールなどで共有しておくと良いでしょう。

情報は盛らずに、本音で伝える

情報は盛らずに、本音を伝えることも重要です。

転職エージェントは求職者が開示した情報をもとに、紹介する企業の選別や採用試験の対策を練ったうえ、転職希望者と企業のマッチングを行います。

そのため、求職者が自分の情報を盛ったり、本音で話してくれたりしないと的確なアドバイスができません。

転職エージェントとの面談は面接とは違い、企業での面接のように転職理由を作る必要はありません。転職エージェントを、共に転職活動を行う仲間だと思って本音ベースで転職の思いを語るようにしましょう。

希望条件ははっきり伝える

妥協できない点など、希望する条件は転職エージェントにはっきりと伝えましょう。

求人を紹介するにあたって必ず次の会社の希望条件は聞かれます。

たとえば「希望年収700万円」というように数値化できるものは数字で示しましょう。

また、年収や休日、通勤距離など、何を一番に優先するのかも決めておく必要があります。

3. こんな人におすすめ

これまでに説明した内容を踏まえ、転職エージェントに相談するのがおすすめの人をご紹介します。

初めて転職する人

初めて転職する人は、職務経歴書の書き方や転職のスケジュール感など、わからないことが多いので利用するのがおすすめです。

転職エージェントは、転職のスケジュール感やキャリアについて現在思い悩んでいることなど、転職に関することは何でも相談にのってくれます。

自身の市場価値を正しく知りたい人

転職という目的の前に、まずは自身の市場価値がIT業界の中でどれぐらいあるのか、知りたいという方はぜひ転職エージェントに相談してください。

特に、1社でしか就業したことが無い人や、やや特殊な技術を使ってエンジニアとして働いている方などは、今の自身のスキルと経験がどれぐらいの市場価値があるのか、今後のキャリアをどのように伸ばせば良いのか等、フラットにエージェントがアドバイスしてくれるはずです。

キャリア形成のアドバイスを欲している人

自身の市場価値を理解したなら、今後のキャリアについて計画を立てることが出来るはずです。

エージェントと相談することで、今の自身の強みや弱みを踏まえて、今後どのようなキャリアを目指せば良いのか、それに向けて、どのような会社でどのような経験を積んでいけば良いのか。短期だけでなく、長期的な視点にたってアドバイスをしれくれるはずです。

また、エージェントからも、「今は転職せず、現職で経験を積んだ方が良い」という結論を出してくれるケースもあります。

面接が苦手な人

面接が苦手な人も相談するのがおすすめです。

転職エージェントは面接が苦手な人のために、練習方法やコツの共有だけでなく、面接練習をセッティングしてくれることもあります。

また単に面接練習ができるだけでなく、良かったところや悪かったところなどを教えてくれるのもメリットです。

時間の確保が難しい人

現在の仕事が忙しく、なかなか転職準備ができない人もおすすめです。

面接日の調整がなかなかできなかったり、応募書類の準備に手を付けられなかったりする人は、自分の代理人として活用しましょう。

4. IT業界への転職ならリーベルへ

リーベルではIT業界への転職相談を受けており、IT業界・コンサルティング業界出身者が転職をサポートします。

大手企業の「内定率」と、転職者の「面談満足度」、双方高いのがリーベルの特徴ですので、IT業界に転職を考えている方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

5. まとめ

転職する際に、転職エージェントにキャリア相談した方が良い理由と注意点をご紹介しました。

転職エージェントは転職に関係する悩みならば、どのようなことでも相談でき、求職者の転職活動をサポートしてくれる頼りになる存在です。

特に初めての転職の際には不安なことも多いので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントにキャリア相談をご希望の方へ

IT業界出身のコンサルタントが、
あなたの転職活動をフルサポートいたします。

転職支援サービス
に申し込む無料

このページのトップへ