時代は『ポータブルスキル』 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 時代は『ポータブルスキル』

コラム:転職の技術

第692章

時代は『ポータブルスキル』

— 今こそ『ポータブルスキル』を手に入れるチャンス —

2015年3月20日

イメージ

『ポータブルスキル』とは

ポータブルスキルとは文字通り持ち運びできるスキルという意味です。具体的には自社だけのクローズドな世界で通用するスキルではなく、他社でも、または海外でも通用する汎用的なスキルの事をいいます。

例えば、経理、税務会計などは規模の問題はありますが国内においては会社を変わってもかなり通用します。ITの世界は比較的国際的にオープンなテクノロジーで作られていますのでポータブルスキルを持っている方が多数を占めています。

転職できるのはポータブルスキルを持った人

中途採用、キャリア採用は基本的に即戦力を求めています。当然即戦力で活躍できるスキルとはポータブルスキルとなります。残念ながらどんなに有名企業にいても、どんなに優秀な大学を卒業していようが、どんなに現職で高い評価を得ていようが、採用側の求めるスキルを身につけていない限り採用はされません。

企業において、意味のない仕事、会社に貢献しない仕事はありません。その企業においてはすべての仕事・職が重要な仕事・職です。しかし、その会社にとって大変重要な仕事でもポータブルスキルとは言えない仕事も多く存在します。

例えば、自社パッケージで使っているがあまり現在は使われていない言語。または非常に狭い範囲のその企業特有の仕事などです。このような仕事も当然その会社にとっては重要でその企業が存続する限り、またはその事業を撤退しない限りは社内で評価され昇給や出世ができるものと思います。

しかし、過去10年を見ても一流と言われた会社で経営悪化、希望退職募集、事業撤退、部門切り離し他社と合併など、メディアでも数多く取り上げられてきました。この変化は今後益々短期間で起こっていくものと思います。問題はポータブルスキルを持っていない人にこの変化が襲った時です。自社に残るにしても転職するにしても非常に厳しくなることは明らかです。

今こそスキル・キャリアを最強にするチャンス!

今、IT業界は人材不足で大きな問題となっています。完全に売り手市場となっています。ポータブルスキルを持った人はさらに強固にするための転職に最適です。また、たまたま現在のスキルが汎用的でない(ポータブルスキルでない)という方もポテンシャルで採用、または多少は目をつむって採用というケースも出てきています。スキルに多少不安があっても現在の会社に不満がなく、評価が高いとどうしてもリスクを冒した転職に踏み切る勇気は沸いてきません。しかし、ポータブルスキルを持っていない方は今こそ勇気を出してキャリアを変えるチャンスです。

<コンサルタント T.I>

転職をお考えの方は、ぜひご相談を。

IT業界出身のコンサルタントが、
あなたの転職活動をフルサポートいたします。

転職支援サービス
に申し込む無料

このページのトップへ