やりたいことってなんだ? | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > やりたいことってなんだ?

コラム:転職の技術

第673章

やりたいことってなんだ?

— やりたいことが見つからない場合の3つの問いかけ —

2014年10月31日

イメージ

『君は何をやりたいの?』とは、実は私が部活でOBからよく言われた言葉です。
何かいつも答えるのですが、『それでは答えになってない』『それが本当にしたいことなの?』と叱られ、困惑していました。

やりたいことは何かと聞かれても困ります・・・

この『何がしたいのか』は、面接でもよく出てくる質問ですし、私も転職希望者との面談でお聞きします。しかしながら、やりたいことは何かと聞かれても困る、という答えを得ることもままあり、そのたびに、心の中では『まあ、そうだよね』と思ったりもします。
とはいえ、それでは話が進まないため、そんなときに私は3つの問いかけをします。

やりたいことを見つけるための3つの質問

  1. どんなときに楽しいと感じますか

    やりたいことをする理由は、楽しいと思うからです。
    そのため、どういうときに楽しいと感じるかがヒントになります。

  2. どういう時に自分の存在価値を感じますか

    存在価値を感じるときというのは、その人の長所が発揮されている時です。
    どういう仕事が向いているかというアプローチとなります。

  3. 何年後にどういう環境で、どういう人達と、どんな仕事をしているイメージですか

    やりたいことと言われると、自分自身の具体的行動をイメージしがちです。
    周りがどんな人で、どんな何を話しているかと、いった環境面でのイメージも、『やりたいこと』の別の角度からの見方と言えます。

これらの問いかけで、やりたいことがいつもクリアになるわけではありません。しかし、閉塞している状態から一歩踏み出し、考えを進めるきっかけとなり得ます。
何をしたいのかが定まらない方は、上記の様な質問を自分自身に問いかけてみて、過去の経験や未来のイメージをもとに、自分のやりたいことを探してみて下さい。

<田中 祐介>

キャリアプランに悩んでいる方へ

IT業界出身のコンサルタントが、
あなたの転職活動をフルサポートいたします。

転職支援サービス
に申し込む無料

このページのトップへ