求人票にヒントがあります | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 求人票にヒントがあります

コラム:転職の技術

第527章 求人票にヒントがあります (11/11/11)

求人票には面接を通過するためのヒントが隠されています。

皆さんは面接に臨む際、求人票に目を通していると思います。
求人票には、企業の事業内容や仕事内容が記載されていますが、面接を通過するためのヒントも隠れていますので、是非とも読み取って欲しいと思います。

例えば、求める経験や人物といった項目から、企業がどういったスキルや経験、志向を持った人を欲しがっているかが読み取れます。よって、面接では当然、その部分をチェックされていますので、強みや自己PRなどで面接官に伝えることが重要なのです。例え、履歴書や職務経歴書に記載されていたとしても、しっかり伝える必要があります。

また、仕事内容という項目は、今後、携わっていく仕事になりますので、必ず把握しておかなければなりません。たまに求人票に記載されている仕事内容とは別のことをやりたいと話してしまい、お見送りになる方がいますので、職種名などで判断せずに、仕事内容から、具体的な仕事をイメージしてお話するようにしましょう。

求人票には内容が薄いものもありますが、勝手なイメージを持って、面接に臨むと折角のチャンスを逃してしまう結果になってしまいますので、もしイメージが沸かなければ、コンサルタントに仕事内容を聞いて頂ければと思います。

<セイヤ>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ