新卒採用と中途採用の違い | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 新卒採用と中途採用の違い

コラム:転職の技術

第520章 新卒採用と中途採用の違い (11/9/23)

初めての転職の場合、年齢問わず新卒採用との違いに戸惑ってしまう方は意外と多いです。
今回は特に大きな違いと言われている下記の2点についてお話します。

1.受諾期限
新卒の頃は内定をもらってから返答するまでの期間が長く、内定をキープしつつ他社を受けることができました。しかし、中途採用では通常一週間程度しか待ってもらえません。そのため、複数社受ける方はなるべく内定が出る時期を揃えて進めていくことをお勧め致します。オファーレター(入社条件)を見て比較検討の上入社出来るからです。

2.企業からの評価ポイント
新卒は、基本的にポテンシャル重視の採用です。しかし中途となると、企業は足りない戦力を補う為に採用を行っているので、原則として即戦力性が求められます。
中途では、「毎日ジョギングをして健康維持に努めています」「趣味の○○に打ち込んでいます」というのは評価されるどころか、それを書くことによってマイナスと取られるケースもあります。
まずはご自身の経験を棚卸しし、強み・弱みをきちんと把握した上、応募職種に沿ったアピールをすることが大事です。どんなに良い経験をしている方でも、アピールポイントを間違えてしまうと強みが伝わらず、お見送りになってしまうこともあります。

1でお話した選考スピードに関しては、ご自身だけの調整ですと限界がありますので、是非担当コンサルタントにご相談下さい。各社の選考スピードを心得ており、志望度の高い・低いによってもスピードを変えることが可能です。

<peridot>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ