面接の場において意識すること | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 面接の場において意識すること

コラム:転職の技術

第414章 面接の場において意識すること (09/7/19)

最近、転職を希望される方の面接練習を通じて、面接練習としてこれは効果的 なのではと思うことがあります。それは、“自分が面接官となって面接をして みる”ことです。

面接は自己PRの場ではなく、コミュニケーションをとる場と考えます。自分主 体ではなく、相手はどのように考えるか、感じるかを意識する必要があります。

例えば皆さんが面接官で、候補者の方から、
「残業はどれくらいありますか?」と質問されたとします。
どう感じるでしょうか?
候補者に対して前向きな印象を抱かないのではないでしょうか。

自分の考え・回答が、相手の企業にとってどれだけのメリットがあるか?
自分主体になっていないか?改めて考えていただき、面接に取り組んでいただ ければと思います。

<B2>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ