面接での第一印象 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第380章 面接での第一印象(08/11/16)

"第一印象で決まる"よく人と人との間ではこのような事が言われます。

懐疑的な方もいらっしゃいますが、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の心理学者メラビアン教授の調査では、「人ははじめの6−7秒で持った第一印象を持ち続ける」と報告しています。その他にも人は全体の印象のうち、93%の部分を視覚以外の非言語で判断していると言われています。

これは面接にも言える事で、実際の人事の方も部屋に入った時点である程度面接結果が分かる場合も多いそうです。服装や髪形だけでなく、表情・態度・しぐさ、マナーといったもので人は人の印象を決めています。

話す内容が重要なのはもちろんですが、第一印象が悪いとその内容も半減してとらえられる可能性があります。"相手に自分を理解してもらおう""良いコミュニケーションをとろう"という姿勢は自然に雰囲気・マナーに現れます。

身なりを整えるのはもちろんですが、面接官と良いコミュニケーションをとろうという姿勢が"面接で第一印象"において大事なのではないでしょうか。

<B2>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ