面談に臨むときのポイント | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 面談に臨むときのポイント

コラム:転職の技術

第285章 面談に臨むときのポイント (06/12/17)

 皆さん、コンサルタントとの面談についてどんな印象をお持ちでしょうか。

 もしかすると、企業面接の延長、という印象が強いのではないでしょうか。「全身完全武装」で面談に臨む方が、まだまだたくさんいらっしゃるように感じています。

 確かに私たちコンサルタントと皆さんは初対面。

 初対面の人にざっくばらんに、と言われても、いきなり本音は言い辛いことでしょう。

 けれど、担当コンサルタントに隠し事をしたままの面談だったがために、転職を失敗してしまう例や、しっくりしない案件ばかりを提案される例もあるのです。

 特に、今までの転職活動の進捗状況は、企業人事が最も知りたい情報です。最初からきちんと情報開示しておくことによって、面接日程を皆さんの都合に合わせて有利に 調整して下さるケースがたくさんあります。

 是非、面談では「本音」でお話くださいね

<Pluie>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ