上流工程キャリアの落とし穴 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 上流工程キャリアの落とし穴

コラム:転職の技術

第247章 上流工程キャリアの落とし穴(06/3/20)

  エンジニアの仕事には大きく分けて2種類あります。
  上流工程と下流工程です。

  通常、1次請けの会社で下流工程のPGとして経験を積みながら、上流工程を行うSE、PL、PMとしてキャリアアップしていきます。

  または、2次請けのPG−SEを経験し、1次請けの会社へ転職する事でキャリアアップします。

  中には、幸運にも会社の方針で、新卒時から上流を経験しているエンジニアもいます。

  しかし、そこに落とし穴があるのです。

  新卒時から上流工程のみを経験しているエンジニアの場合、プログラミング経験(現場の経験)がなく、要件定義、外注管理、工程管理のみの経験が主になります。

  転職マーケットではPGの経験のない(現場を知らない)上流工程エンジニアの評価は厳しい状況なのです。理由は、「現場を知らないとマネジメントの立場になった時にトラブルになる可能性が高い」からです。

  しかし、一度上流工程を経験している以上、修行の為とは言え、協力会社だったレベルの企業に転職するのは抵抗感があるようです。

  こういった悩みを抱え転職できずに苦しんでいるエンジニアが多いのです。

<大外一気>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ