転職回数とキャリアアップの相関関係 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > コラム:転職の技術 > 転職回数とキャリアアップの相関関係

コラム:転職の技術

第207章 転職回数とキャリアアップの相関関係 (05/5/30)

 転職の回数とキャリアアップには相関関係があるようです。ある調査データによると転職をまったくしていない人よりは、転職を適度(ここがミソ)にしてきた方のほうがキャリアはUPしているとのことです。

 それでは、その回数はどれくらいかと言いますと。3回だそうです。逆にこの回数を超えてしまった場合にはキャリアはDOWNしていくようです。

 私事で恐縮ですが、私も3回の転職を経験いたしており、その転職を通じて自分のキャリアが上がっていることは実感いたしておりますので、このデータに関しては信じてもいいのかなと感じております。

 転職に関しましては、ただ単に回数をこなしていけばキャリアが上がると言うことではなく、私もそうでしたがきちんとした目標を持って臨まないとキャリアアップは出来ないと思います。

 IT業界はご自身のキャリアアップのために転職を上手く利用している方が多いです。しかしながら、転職は皆様の人生における大事なターニングポイントとなりますので、ご自身のキャリアの目標を考えその目標に向かっての転職となるよう心がけてください。

 そして、そのご自身のキャリアを考える際に少しでもお役に立ちたいという思いで日々転職者の方と面談をさせていただいております。

<一生青春>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ