資格は役に立つ? | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第155章 資格は役に立つ?(04/4/26)

資格は役に立つの?こんな質問を良く聞きます。IT業界でITに関する資格に限定すれば、役に立つ、役に立たない、どちらも正解かと思います。

私は資格取得の効用を次のように考えます。

  1. 資格は実務で得られた知識を、論理的かつ体系的に整理し蓄積できる。
  2. 資格の取得は学習意欲があることの証明となる。
    技術は常に進歩するので新しい技術や関連技術を取得する意欲は重要。
  3. 資格の取得は目標に向かって行動し、その結果を出せる能力がある証明となる高いレベルの資格ほどその人の能力の高さを示せる。

資格が実務ですぐ役に立つようなキャッチが多いですが、それは間違いでしょう。しかし、資格を役に立たないと斬って捨てるのはもっと危険です。

履歴書・職務経歴書を拝見していますが、実は資格がなくとも実務経験が豊富で高いレベルの技術者として評価される方ほど資格を取得していることが多いのです。これは、上記の効用と一致しています。

一方、せめてそれを望むなら資格くらいは取ってほしいと思う方が、忙しいからとか、お金が・・・と言う方がいます。残念ながらこのような方は、思いを実現することは難しいでしょう。

上記の1を目的に是非、資格を取得してください。実務を補強し、学習意欲と能力を示すに役に立ちます。

<コンサルタント TI>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ