転職の動機と満足度 | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第108章 転職の動機と満足度(03/5/26)

転職の成功例として一般的に「転職して年収が○○万円アップ!」と言うようなキャッチコピーが多く出まわっています。しかし、これは一部の見方であり、現在の転職状況全体としては正しくありません。本日はリーベルのITプロフェッショナル、20・30代中心の転職登録者の転職動機と転職先の決断ポイントについてのお話です。

まず、転職目的として年収を一番条件にする方は非常に少ないのが実態です。希望年収は50万円、100万円アップで書いてくる方は多くいます。しかし、それは実はできれば程度の軽い希望に過ぎません。本音では現状程度で満足と言うのが大多数です。

転職の第一条件は、仕事の幅を広げたい、もっと技術を磨きたい、レベルの高い仲間の環境で仕事をしたいというスキルアップ、キャリアアップ目的の方が一番多いのが実態です。

では最終的に転職先と転職は何をもって決断しているでしょうか? それはやはり目的に添った仕事内容や面接官の雰囲気、ベンチャーでは役員や社長のビジョンで最終決断をしています。年収は実は最終決断においては目的ではなく、ある一定レベル以上を満足していれば良しとしている方が多いのです。その結果、転職時は前職の年収より少ないと言う方も多くいます。

すなわち、年収はある一定以上であれば、あとは仕事の満足を一定以上にするのが転職の現実です。もちろん年収が少ない人が仕事の満足度と共に年収アップを計っている方も多くいます。少なくとも年収アップで仕事の満足度ダウンでは転職の決断はしていません。

転職の成功度 = 年収の満足度 X 仕事(環境を含め)の満足度

と言えるでしょう。

<コンサルタント TI>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ