リスクを取る | 転職の技術 | IT転職 エージェント リーベル


コラム:転職の技術

第70章 リスクを取る(02/8/19)

人生には大きな決断を要する時が何回かあります。転職もその中の1つでしょう。転職をするかどうか、その決断をする時の要素の1つが「リスクを取る」という事です。

転職は安易にすべきではありません。なぜなら必ずリスクが伴うからです。まず転職の第一歩はリスクがあると言う事を認識すべきでしょう。そして一方で転職は個人のある目的の為に転職する訳でそれが実現されると言うリターンもあります。さらに考えなければならない事は、現職に留まった時の将来のリスクとリターンです。

例えば、年令29才、ある国内系の大手コンピュータ関連企業に大学卒業と同じに入社し転職経験なし。英語も幸いTOEIC850点とある程度の自信はある。国際舞台で活躍したいと思い、転職の可能性を探る為に人材紹介会社に登録を行った。ある企業を紹介され内定まで進める事ができた。年収は約150万円アップ。しかし、内定企業は外資系、米国ベンチャー企業で設立7年目。米国で成功し今年日本に進出しまだ社員は7名。まだ半年で日本法人のスタートアップメンバーとなる。

ここで転職した時、しない時の場合のリスクとリターンを考えてみましょう。

<転職時のリスクとリターン>
ベンチャーの為米国の景気や事業の継続性のリスクが高い。すなわち4年後は日本から撤退してしているかもしれない。その時は再度転職となる。しかし自分の夢である海外との交流も多く日常的に英語も使い米国人の仲間と仕事をする環境で、仕事の幅も責任も大企業の平社員とは比べ物にならないほど大きい。うまく行けば4年後は国際舞台で大活躍。

<現職のリスクとリターン>
自分の評価も高いので、現在のままで行けばある程度の出世も可能と思う。分社化を進めているので将来は判らないが、ある程度の安定は得られると思う。しかし面白くはない。

さて、皆さんはこのような時にどう決断されるでしょうか?結局はベンチャーに転職し、数年後日本撤退全員解雇といった事態の時に自分が甘んじて受け入れられるかどうかではないでしょうか? もし事態を「リスクとして視野に入れていたのだから」と素直に受け入れる覚悟があるなら転職を是非進めたいと思います。しかし、そこで受け入れる覚悟がないならそこに転職はしない方が良いでしょう。その時は現職のリスクも甘んじて受け入れる事が必要ですが・・。

単純な例でお話をさせて頂きましたが、転職した時しない時のリスクとリターンを自分の生き方と合わせてできるだけ早く整理しておきましょう。

<コンサルタント TI>

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ