株式会社アイアイジェイテクノロジー | 注目企業インタビュー | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > 注目企業インタビュー > 株式会社アイアイジェイテクノロジー

株式会社アイアイジェイテクノロジー | 注目企業インタビュー

独創性の高いプラットフォームサービスで急成長 アプリケーション事業の強化にも乗り出す | 株式会社アイアイジェイテクノロジー

株式会社アイアイジェイテクノロジー

株式会社アイアイジェイテクノロジー

設立:1996年
資本金:23億5,800万円
従業員数:578名※(2008年4月1日現在)

  日本のインターネットの黎明期から、ネットワーク業界をリードし続けてきたIIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)。そのグループ会社として、システムインテグレーションおよびシステムアウトソーシングの分野を担っているのが、IIJテクノロジー(以下、IIJ-Tech)である。

  IIJが有する国内最高峰レベルのネットワークインフラと、そのネットワークに直結したデータセンターを最大限に活用し、1996年の創業以来、高い信頼性を求められる大手金融機関、官公庁などのシステムの構築・運用や、大規模ECサイトの立ち上げ等、数多くのプロジェクトを手掛けてきた。中でも、日本初のオンライン証券取引システムなど、“初”と名の付くシステムに次々と挑み、成功に導いているのが同社の特徴だ。一方で、構築したシステムをプラットフォーム化し、サービスとして提供するというユニークなビジネスモデルも確立しており、業界内で突出した存在感を発揮している。

  サーバーシステムなどネットワークインフラ周りのシステムの構築・運用に圧倒的な強みを持つIIJ-Techは、さらなる躍進を目指し、その上流であるアプリケーション事業の拡大にも力を入れている。同社の強みとこれからの成長ビジョン、さらにはその中で求められる人材像について、IBPS本部の立久井正和本部長に話を聞いた。

システム共通部分を「サービス」として提供

株式会社アイアイジェイテクノロジー インタビュー写真

  「IIJは、インターネットはもちろん、企業の拠点間ネットワークなどを含め、様々なネットワークインフラを提供しています。ただし、単にネットワークがあるだけでは利用者は何のメリットも得られません。ネットワークの向こう側で様々なサービスを提供するサーバーシステムが必要です。それらサーバーシステムを作り、運用するのが我々の仕事です」IIJグループにおけるIIJ-Techの位置づけについて、立久井本部長はこのように語る。

  IIJ-Techが主力とするサービスが、インフラ基盤に近い、サーバーサイドのシステムの構築・運用およびアウトソーシングだ。同社にはこの分野で極めて優秀なエンジニアが数多く在籍し、業界最先端のチャレンジングなプロジェクトに取り組み続けてきた。

  そして生まれたのが、IIJ-Techの特徴であり、強みとなっている、「IBPS(Integration & Business Platform Service)」と呼ばれる、極めてユニークなビジネスモデルである。簡単に言えば、「システムの共通部分をプラットフォーム化し、サービスとして提供する」というもの。従来のシステム構築といえば各社ごと・業種ごとに上から下まで全てゼロから作るのが一般的だった。しかし、特に基盤に近ければ近いほど共通部分は多い。そこで、各社ごと・業種ごとに共通部分はあらかじめプラットフォーム化してデータセンターに置いておき、それをサービスとして利用できるようにするわけだ。その上で、各社ごと・業種ごとに異なる部分のみを個別に構築していく。
「これにより、納期が早い、品質が担保されている、運用が確立されている、という利点をお客様に提供できます。また、システムを資産として持つのではなく、サービスとして使うため、お客さまは財務的にもメリットがあります」と立久井本部長は強調する。

  また、IBPSでは、ある顧客企業に新しいシステムや技術を導入し、その有益な一部が他の顧客にも活用ができるとなった場合、プラットフォームに落とし込める。すると、それに対する運用・保守も標準化され、サービス全体のレベルが向上。より魅力的なサービスとして提供できるようになるのである。
「IIJ-Techではこのサイクルを回すことによって、SI、アウトソーシングサービスをブラッシュアップしてきました」と立久井本部長は胸を張る。こうした技術力向上への絶え間ない取り組みが、設立からわずか12年で売上高300億円に迫る規模となったIIJ-Techの成長力の源泉となっているのだ。

アプリケーション開発も積極推進

株式会社アイアイジェイテクノロジー インタビュー写真

  IBPSに見られるように、IIJ-Techでは、サーバーシステムをはじめとする基盤周りのシステム開発については、完成の域に入りつつある。更なる成長を目指すために、同社が今後力を入れていくのは、もう1つ上のレイヤーであるアプリケーション開発の強化だ。
「弊社も実は従来から、アプリケーション開発を含むSIを数多く手掛けているのですが、基盤周りのシステム開発に比べると独自性を充分に発揮するには至っていませんでした。
アプリケーション開発SEやアーキテクトの部隊を充実させることで、『下から上へ』と業務の幅を広げ、事業拡大につなげたい」と立久井本部長は言う。

  その際、基本的な戦略となるのが、「IBPSの考え方をアプリケーション分野でも展開していく」ことである。つまり、アプリケーション開発においても、各社ごと・業種ごとに共通する部分はプラットフォーム化し、サービスとして提供することを目指すという。

  「これを実現する上では、我々がIBPSで積んできた標準化・プラットフォーム化のノウハウが大きくものをいいます」と立久井本部長は自信を見せる。

  アプリケーション開発に注力するといっても、同社がCRMや会計のパッケージを開発するといったことではない。あくまでも「システムの階層を下から上へ積み上げていく」イメージだ。
「流行の言葉で言うと、IBPSがIaaS(Infrastructure as a Service)だとすると、PaaS(Platform as a Service)の分野まで業務を広げていきたいということです。ただし、これには当然、経験が必要。基盤においても、1つ1つのシステムを構築・運用していく中で共通部分をプラットフォームに詰め込むことが可能となった。同じことをアプリケーションの分野でも、しっかり行っていきたいですね」と立久井本部長は展望を語る。

キーワードは「成長意欲」と「チャレンジ」

株式会社アイアイジェイテクノロジー インタビュー写真

  それでは同社で活躍する人材像とはどのようなものなのか? 立久井本部長はキーワードとして「成長意欲」と「チャレンジ」を挙げる。
「会社の成長は、中にいる社員1人ひとりの成長なくしてありえない、というのが弊社の基本的な考え方。弊社で活躍しているのは、様々な経験や知識を貪欲に吸収していくことを常に意識している人ですね。また、弊社ではチャレンジすることも重要視しています。そのためには、待ちの姿勢で仕事に取り組んでもらっては困る。やってみたい仕事に対して自分から積極的に手を挙げて、周りの人を引っ張って実現していく、という意味でのリーダーシップも欠かせません」

  IIJ-Techでは、例えば新しい技術への取り組みについて、「面白そうじゃないか、やってみよう」となることが日常的だという。会社として完成しているわけではなく、まだまだチャレンジの余地が多く残されており、「会社としてチャレンジを続ける中で、自分も一緒に成長できる。これは非常に魅力的だと思いますね」と立久井本部長は強調した。

  また、大手SIerの場合、プロジェクトも大規模なものばかりで、プロジェクトマネージャーになるのは入社して10年、15年たってからというケースも珍しくない。これに対し、IIJ-Techでは、大小取り混ぜ様々なプロジェクトがあるため、小規模な案件については若手でもどんどんプロジェクトマネージャーにアサインされる。早い段階からマネジメント経験を積んでいくことが可能だ。
「当社に中途入社した社員が一番喜んでくれるのがまさにその部分。また、弊社はプライムの案件がほとんどで、お客様と直接、話をしながらスキルを磨いていけます」と立久井本部長。満足度は非常に高いと言えるだろう。

社員の成長を支援する体制も万全

株式会社アイアイジェイテクノロジー インタビュー写真

  「成長」「チャレンジ」のあくなき追求は、IIJ-Techの企業風土になっている。業務を進める上では、「80%のStable、20%のChallenge」が基本方針だ。
「これまでやってきたことだけでなく、そこに常に20%のチャレンジを上乗せすること。そのチャレンジが、新しいステイブル(安定)としてベースに積み上がっていく。これにより技術領域が着実に拡大していくわけです」と立久井本部長は説明する。

  そのために成長意欲の高い社員への支援は惜しまない。階層ごとに必要な能力・スキルを鍛える研修のほか、IIJ-Techならではの考え方や仕事の進め方などを学ぶ研修も用意。その他にも社員同士の自主的な勉強会などが活発に行われている。

  社員個々の成長を支えるために人材を大切にする姿勢は、職場環境にも表れている。各人に与えられる机は社長や部長が使うのと同じもので、幅が広く使い勝手良好だ。また、毎月誕生日の社員を集めて社長との食事会を催したり、社員総出でボウリング大会や忘年会を開催したりするなど、社内のコミュニケーションの活性化にも工夫を凝らす。こうした姿勢が、明るくオープンな社風につながっている。キャリア形成の場として非常に魅力的な企業であることは間違いない。

リーベルコンサルタントから一言

国内大手のシステムインテグレーターです。

インフラ系に強みを持っており、プロジェクトはプライム案件(1次請け)ばかりです。また、アプリケーション開発も含めて幅広いソリューションラインを持っています。

また、エンジニア集団としての顔を持ち、技術者としてのキャリアプランが充実しています。

大手企業ですが、ベンチャー精神を持ち続けており、フレキシブルな組織、評価制度でもあります。技術者としてさらに成長したい方、幅広い業務分野でキャリアを伸ばしたい方にお勧めの企業です。

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)への転職をお考えの方へ

IT業界出身のコンサルタントが、
あなたの転職活動をフルサポートいたします。

転職支援サービス
に申し込む無料

このページのトップへ