大手SIerの転職/求人情報 | IT転職 エージェント リーベル

IT転職 リーベル ホーム > 求人情報検索 >大手SIerの転職/求人情報

業界別採用動向:大手SIer

最新の採用動向

■大手SIerでは専門性が高い領域での積極採用が続いている

2016年度と同様にIT業界全体で求人数が増え続けており、どこの企業も人員が逼迫している状態です。中小だけでなく大手SIerでも人材ニーズが高まっており、採用活動は引き続き活発です。募集職種は営業、開発エンジニアの採用が積極的ですが、その他特定領域での採用も拡大しており、PLMやセキュリティなどの技術を持っている人にもチャンスが広がっています。業界としては、金融業界や製造・流通業界の経験者が特に求められています。

また、クラウド技術者、特にAWSエンジニアの需要は年々高くなっており、大手SIerやメーカーでもAWSを担いでクラウド案件に対応することが多くなっていますので、クラウド導入を経験しているエンジニアにも大手SIerへの門戸が開かれていきます。

ERP導入コンサルのニーズは以前と比較するとSIerでの採用はやや落ち着いてきております。製品によって温度感に差があり、SAPはどこでも積極採用で、Oracle EBSやMS Dynamics AXは鈍化傾向です。ニーズが高まっているのはデータ分析系(BI/CRM/SFA)で、特にデータ分析基盤の設計・構築が出来る人材の募集が増えてきている様に思えます。

引き続き2020年に向けた投資も拡大しており、金融業界や総合商社における積極的なシステム投資により、引き続き人材のニーズは伸びています。中堅層の獲得競争が激化している影響で、ある程度のシニアクラスの方にも門戸が開放されています。


■PL、PM層の採用が拡大し、即戦力を求める傾向にある

大手SIerでは、2016年度に続いてPL、PM層の採用が更に拡大しており、即戦力の人材を求めるようになってきています。以前は人材数の確保から若手ポテンシャル層や、若干スキルが弱くても採用の土台に上がることができていましたが、最近では特定の業務知識を身につけたPL・PMであったり、システムデザインや方式設計などのアーキテクチャ設計ができるITアーキテクトなどのニーズの方が高いようです。二次請け・三次請けであっても良い経験を積んでいる方にチャンスが広がっています。


■FinTechやIoTなど新技術へのアンテナを高く張る必要がある

FinTechやIoTといった技術の言葉だけが独り歩きしていた時代は終わり、各金融機関や製造業がベンダーと協力してIT技術を導入したサービス積極的に導入し始めてきました。既存技術の組み合わせによる提案よりも、新しいものを積極的に取り入れようと顧客の指向も変わってきているので、時代の波に取り残されないように、最新技術のキャッチアップを常に行っていかなければなりません。アンテナを高く張り、顧客の要望に対応できるエンジニアの価値は今後高まってくると考えられます。

大手SIerの注目求人情報

注目企業の求人情報

  • 株式会社NTTデータ | 注目の求人情報
  • 株式会社電通国際情報サービス(略称 ISID) | 注目の求人情報
  • 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(略称:B-EN-G) | 注目の求人情報
  • シンプレクス株式会社 | 注目の求人情報
  • 株式会社オージス総研 | 注目の求人情報
  • 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ) | 注目の求人情報

大手SIer関連の注目情報

転職成功者の声

  • 転職成功者の声
    後藤 勇司さん
    NTTデータ

    転職をするかしないか。まずはそこから始まった。

    詳しく見る

  • 転職成功者の声
    柴田 康平さん
    東洋ビジネスエンジニアリング

    大切なのは自分のタイミングで転職すること

    詳しく見る

  • 転職成功者の声
    井出 陽さん
    イーシー・ワン

    「10年後の自分」を強く意識したことが、納得の転職につながった

    詳しく見る

  • 転職成功者の声
    中西 貴市さん
    TIS

    自分が会社を変えるという熱意や想いがキャリアアップにつながった。

    詳しく見る

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ