メーカー/ベンダーの転職/求人情報 | IT転職 エージェント リーベル

IT転職 リーベル ホーム > 求人情報検索 >メーカー/ベンダーの転職/求人情報

業界別採用動向:メーカー/ベンダー

最新の採用動向

■ソフトウェアベンダーの採用も積極的

ソフトウェアベンダーは、2016年度と同様に、外資系国内系共に採用意欲が高い状況が続いています。
特に、自社プロダクトを組み合わせたソリューション営業、プリセールス、コンサルタントの採用に力を入れている企業が多く見られます。また、どのベンダーもメイン事業をパッケージ形態からクラウドサービスへとシフトさせようとしているため、クラウド技術者の採用が2016年度と同様に拡大しており、多くの方にチャンスが広がっています。
その他、「安価なクラウドサービス」を武器としたベンチャー企業が急激に増えており、これまで圧倒的なシェアを持っていたパッケージベンダーとの激しい競争が続いています。


■外資系ベンダーは英語力がカギ

外資系ベンダーは技術者と営業職どちらも採用に注力していますが、若手よりもミドル層の即戦力クラスを求めており、ハードルは低くありません。
また英語力については、このところ一段と高く求められるようになってきました。ポジションによってはTOEIC800点以上を求められるハイスペックなハードルもあり、日系企業からの転職希望者には日々の英語学習が欠かせなくなってきました。ただ英語が話せるというだけでは難しく、上記の通り即戦力性も求められるので、英語力と実績の両方が伴っている必要があります。


■メーカー系は採用が鈍化しており、少ないパイの取り合いになる

ハードウェアが主力事業であるメーカーは、上半期に引き続き厳しい状況が続いていますが、IoTを中心にソフトウェアで勝負に出ているメーカーでは採用が活発になってきています。
メーカーに入社できれば定年まで安定して働くことができるという時代も終わり、安定感だけを求めて転職することは危険かもしれません。メーカーに転職できても、実績が求められる時代になるので、確固たる信念が必要です。

メーカー/ベンダーの注目求人情報

メーカー/ベンダー関連の注目情報

キャリア相談会

3/23 11:00〜16:00 SIer/メーカー/ベンダー

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ