ウルシステムズ | 転職成功者の声 | IT転職エージェント リーベルの強み | IT転職 エージェント リーベル


ウルシステムズ | 転職成功者の声

研究開発職からITコンサルタントに転身 行動力と転職の動機が面接官の心を掴む | ウルシステムズ

プロフィール

公立はこだて未来大学システム情報科学部複雑系科学科卒業後、ソフトウェア開発会社に入社。大手電機メーカー向けに統合運用管理製品の研究開発に従事し、新しい技術を積極的に修得しながら、新機能開発やクラウドとの連携に取り組む。顧客の課題を見出し、ITを活用して解決する仕事にキャリアチェンジを図りたいという想いから転職を決意し、ウルシステムズに入社。

この企業への求人情報はこちら

IT運用管理の研究開発に携わる日々。
その後、数々の提案を経験する中で、顧客の課題を見出し、解決策を講じる仕事に取り組みたいと考えるようになる。
そして、ITコンサルタントへの道を模索。高い技術、転職動機、コミュニケーション力が評価され、ウルシステムズから内定を獲得。
研究開発畑からITコンサルタントへのステップアップを可能にした転職活動に迫った。

開発特化型から課題解決型へのシフトを意識

ITを教えることに熱心な大学だった。カオス理論など複雑系の学問を学ぶとともに、ITの知識や技術の基礎も身に付けたKさん。卒業後の就職先に選んだのは、技術力に定評のあるソフトウェア開発会社だった。

—— 新卒で入社した東証一部上場のソフトウェア会社には約10年在籍されました。主にどのような仕事を経験されましたか?

Kさん:顧客である大手電機メーカーの研究開発部門で、顧客の社員とともに、IT運用管理製品の新機能の開発やクラウド連携のための研究開発を行っていました。一般的にシステムの運用管理者は、データセンターなどでサーバーやストレージ、ネットワークなどのハードウェアを管理していますが、人によっては何百台、何千台を見ているので、非常に負荷がかかります。それをいかにして簡略化、省力化するかが研究開発のポイント。例えば、コマンド一つで複数のIT機器を管理できるようにしたり、最適なリソース配置を実現したりすることで解決できます。実際にはプロトタイプの開発や検証作業を行っていました。

—— 仕事の面白かった点は?

Kさん:最先端技術に触れられることです。今では一般的になったクラウドの技術も、比較的早くから修得する機会を得て、統合運用管理製品とクラウドの連携をいかに実現するかを、研究しました。また、顧客の社員とともに、製品の課題の発見や、解決策の提案ができたことにもやりがいを感じました。ただ、一方で、顧客から得られる社内の情報が限られていたため、解決策の妥当性の判断が難しかったことも事実です。エンドユーザーと直接話すこともなく、現場の課題に応えられているか不確かな部分もありました。

写真

—— そうした問題意識は転職のきっかけになりましたか?

Kさん:はい。私がいた会社は開発に特化していたため、どうしても「システムをどう作るのか」という話が中心になります。しかし、私がやりたかったのは、顧客と「そもそもシステムを作る目的は何か」「ビジネスにどれだけ効果があるのか」など根本的なことを議論した上で、必要に応じてITを活用することです。つまり、開発特化型から顧客の課題解決型に事業をシフトする必要性を強く感じていました。

—— 実際に行動に移されましたか?

Kさん:会社に対しては顧客の課題にフォーカスする方向性を提言するなど、自分なりのアプローチで取り組みました。しかし、方針転換は難しい状況でした。私自身が付加価値の高い人材として生き残っていくためには、課題解決型の力を付けていくことは不可欠です。会社の方針転換が困難であれば、活動の場を外に移すしかない。そう考えて、転職活動に踏み切りました。

リーベルが示したITコンサルタントへの道

自分がアサインされたプロジェクトに一区切りが付いた2015年11月、Kさんは手始めに複数の人材紹介エージェントに登録した。当初、目指すべき職業は業務コンサルタントだと認識したKさんは、そのことをそれぞれのエージェントに伝える。だが、リーベルは別の道を模索するように助言した。

—— 人材紹介エージェントを利用しようと思ったのはなぜ?

Kさん:研究開発畑から顧客の課題解決ができる仕事を目指すことは、大幅に上流工程にステップアップするという認識がありました。エージェントの支援がなければ難しいと思ったので、迷わず力を借りようと考えました。

—— エージェントにはどう要望を伝えましたか?

Kさん:率直に「業務コンサルタントを目指したい」と伝えました。多くのエージェントは数十社分の業務コンサルタントの求人票を提示し、応募するように薦めてきました。しかし、リーベルだけ私の要望に対し「キャリアから見て、業務コンサルタントより、ITのテクノロジーを活かしたコンサルタントを目指しては」と助言してきました。

—— リーベルのアドバイスを詳しく教えてください。

Kさん:「これから顧客の業務知識を身につけて、改善の提案を行うキャリアはハードルが高い。ただし、課題に対してITで解決する提案を行う『ITコンサルタント』であれば、研究開発を通じて10年間培ってきた技術力があるので、採用される可能性はある」とのことでした。とても腑に落ちる助言だと思いました。例えば、リーベルから応募を提案された企業がウルシステムズです。ウルシステムズはITを駆使した業務改善に強みを持つ企業であるというお話を伺い、応募を試みました。

—— その後の転職活動はどうなりましたか?

Kさん:他のエージェントが薦めた業務コンサルタントは書類で落ちることが多く、書類が通っても、面接で断られ、うまくいきませんでした。一方、リーベルが薦めたITコンサルタントを軸にした応募は書類選考が全て通りました。改めてリーベルのアドバイスが正しいことを実感しました。

品質、コスト、スケジュールのうちどれを最も重視するか

写真

リーベルの助言に従って、ITコンサルタントの道を目指したKさん。マッチングが的確だったこともあり、ウルシステムズも含めて複数の企業から内定を獲得した。Kさんは、なぜウルシステムズを選択したのだろか。

—— 面接の過程を教えてください。

Kさん:ウルシステムズでは全部で3回の面接がありました。1次面接で面接官は、私が経験してきた仕事の中身を把握するために、様々な角度から深く掘り下げて質問されました。私は真摯に答え、転職の動機も含めて丁寧に説明しました。

—— ウルシステムズでは、Kさんが課題解決型にシフトしなければならないという危機感を持ち、社内で行動に移したがかなわず、転職に至ったその動機に説得力があると見たようです。また、Kさんの技術力、コミュニケーション力の評価も高かったと聞いています。

Kさん: 2次面接は、会社の方針や雰囲気に関する話が多く、人物面を確認されているように感じました。また、3次面接の面接官はウルシステムズの社長で、プロジェクトに対する姿勢を問われたことを覚えています。品質、コスト、スケジュールの3つのうちどれを最も重要視するかという質問でした。私は「品質」と答えました。

—— その答えに対する反応はどうでしたか?

Kさん:品質重視の結果、コストアップやスケジュール遅延を起こすことも問題。であれば、どのレベルまで品質を重視するかという話題になりました。私はシステムエラーの結果、他の様々なシステムも落ちるようなクリティカルな問題が起こるのであればリリースを許可しない。それに対し、バグの範囲が狭いため他のシステムに影響を与えず、リロードすれば何とか解決できそうであればリリースを許可すると答えました。説明に対して、社長も納得している様子でした。

—— 1次面接では仕事内容や転職の動機を詳しく聞き、2次、3次では、人間性や考え方をじっくり見定める面接だったようですね。複数の内定を得た企業からなぜウルシステムズを選んだのですか?

Kさん:ウルシステムズは独自のソリューションをいくつもリリースし、大手企業への導入実績があったこと、幹部が定期的にシリコンバレーに行き、積極的に情報収集していることなどから、技術力が抜きん出ていると感じたからです。高い技術で顧客の課題を解決する点に共感しました。

すぐに「転職」という解に頼らない

新天地はウルシステムズ。希望通りの転職を果たしたKさんは、キャリアアップにつながる次のステージに上がる。転職を成功させるために必要なこと、転職を志す人たちへのメッセージを聞いてみた。

—— 振り返って、ご自身の転職が成功した要因は?

写真

Kさん:転職を考える前に、まずその会社で解決を試みたことがポイントでしょう。問題があった場合、すぐに「転職」という解に頼るのは間違っているのではないかと考えます。転職先で問題に直面した場合、また辞めて次に移ることになりかねず、ジョブホッピング状態に陥ってしまうかもしれません。まずは解決を模索し、困難であれば、次のステップとして転職を考える。その行動力があったからこそ、ウルシステムズで説得力のある転職動機を示せたのだと思います。

—— エージェントの活用についてはどうですか?

Kさん:それが2つ目のポイントです。転職活動を始めた当初は、頭の中の整理ができていない状態でした。その交通整理をリーベルのコンサルタントが行い、実際にどこまでならできて、どこからは無理なのかの助言を受けられたことが非常に大きかったですね。妥当な道を示してもらえたことが、転職成功につながりました。

—— 転職を考えている方々にメッセージをお願いします。

Kさん:転職する際は、5年後、10年後に自分が何になりたいか、どういう仕事に就いていたいかをイメージすることが、とても大切だと考えています。明確な目標があれば、つらいこと、厳しいことがあっても、乗り切れるのではないでしょうか。逆に目標がぼやけていると、後悔したり、転職を繰り返したりするかもしれません。実際に目標がぼやけていたために、苦労している人を私は見てきています。

—— ご自身の目標を聞かせてください。

Kさん:5年後には少なくとも一人前のITコンサルタントになることを目指します。次のステップはそれが達成できた後にまた考えてみたいですね。ウルシステムズは適材適所でプロジェクトにアサインされるフラットでフレキシブルな組織なので、多くの経験を積みながら、一歩ずつ目標に近づければと思います。

—— ウルシステムズでの今後の活躍が楽しみです。本日はありがとうございました。

ライター プロフィール

高橋 学(たかはし・まなぶ)

1969年東京生まれ。幼少期は社会主義全盛のロシアで過ごす。中央大学商学部経営学科卒業後、1994年からフリーライターに。近年注力するジャンルは、ビジネス、キャリア、アート、消費トレンドなど。現在は日経トレンディや日経ビジネスムック、ダイヤモンドオンラインなどで執筆。

◇主な著書
『新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている』(光文社)(荒濱一氏との共著)
『新版 やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』(光文社)(荒濱一氏との共著)
『「場回し」の技術』(光文社)など。

ウルシステムズに
興味を持たれた方へ

リーベルの無料転職サービスをご利用ください。IT業界に通じた、リーベルの専任コンサルタントが、あなたの転職活動を無料でサポートいたします。

この企業の求人情報はこちら

まずは無料転職支援サービスのお申し込みから。
キャリアプランのご相談や非公開求人を含むポジションのご紹介、企業ごとの面接対策など、『IT転職のプロ』が、あなたの転職活動をサポートします。

無料転職支援サービスに申し込む

このページのトップへ