アビームコンサルティング株式会社 | 転職成功者の声 | IT転職エージェント リーベルの強み | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > リーベルの強み > 転職成功者の声 > K.Hさん(アビームコンサルティング株式会社)

アビームコンサルティング株式会社 | 転職成功者の声

事業会社の企画部門からビジネスコンサルタントへ転身 エージェントをシビアに選び成功を掴む | アビームコンサルティング株式会社

プロフィール

米国の高校を卒業後、国際基督教大学を経て、東京大学大学院で修士課程を修了。その後、外資系生命保険会社に入社し、ITツールの開発と運用保守に携わる。また、社内の様々なプロジェクトにも参画。その後、コンサルタントになることを決意し、転職活動に注力。アビームコンサルティングの内定を獲得し同社に入社。

この企業への求人情報はこちら

外資系生保のシステム企画部門として様々な社内プロジェクトに携わり、一つひとつの仕事を真摯に取り組んできた。
一方で、支援を受けた外部コンサルタントの仕事の質の高さに、驚き、憧れ、いつしか自分も同じ立場で成長したいと強く思うようになっていった。
そして、想いは叶い、新天地へ――。転職を決断する経緯、成功の秘訣を探る。

システム企画部門として特異な経験を積む

写真

社会人のスタートとして入社した外資系生命保険会社ではシステム企画部門に配属された。ITツールの開発に注力する一方で、社内の様々なプロジェクトから声がかかり、各案件の目標管理やスケジュール管理を担当することで、プロジェクトマネジメントの知識とスキルを研鑽していった。

―― 米国の高校を卒業し、東大大学院を経て、外資系生保に入社……と、非常に興味深い経歴ですね。

Hさん:父の仕事の関係で米国に渡り、大学の時に帰国。国際基督教大学に入学し、言語学を学びました。その後、東大大学院でも言語学を研究し、将来は研究者の道に進むつもりでした。しかし、若い時にこそ社会に出て働くべきと考えを改めるようになり、修士論文を書きながら就職活動をして、外資系生保に入社した訳です。

―― 外資系生保を選んだ理由は?

Hさん:私自身が生命保険の保険金の一部を学費に充当できたお陰で大学院に通えたので、生保にプラスのイメージ持っていたことが大きいですね。数社から内定を受けたのですが、中でも若いうちから仕事を任せてもらえる可能性が最も高かった会社を選びました。ディスクロージャー資料等で事業の成長可能性や必要としている人材像を確認した上で、ベストと思えた会社に入社することを決断しました。

―― 入社後はITツールの開発に携わりましたね。

Hさん:はい、保険設計書ソフトウェアの開発です。ユーザーとなる自社社員のヒアリングや帳票・画面イメージの作成などを手掛けるとともに、スケジュール管理、障害管理などプロジェクトマネージャの補佐を担当。最初は業務知識、IT知識ともにほぼゼロだったので、社内資料の読み込み、IT研修などで何とかキャッチアップしました。入社3年目には同ソフトも無事リリースし、その後の運用保守フェーズでは業務チームサブリーダーに昇格。リリース後の改修案件の策定とそのPMO業務などを担当しました。

―― その他の案件のプロジェクトマネジメント業務もあったそうですね。

Hさん:ITツールの開発が8割で、残りの2割は新支社立ち上げなど社内の様々なプロジェクトから声がかかり、“プロジェクトマネジメントの助っ人”として、プロジェクトの進捗管理などを担当しました。他の社員と比べると、非常に多彩な仕事を経験できたと思います。事業会社の中であらゆる課題に取り組むコンサルタントのような立場で仕事ができたことは、非常に有意義であり、短期間で多くのプロジェクトマネジメント経験を積むことができました。

コンサルタントへのチャレンジ

実績を積み、昇進もするなど順調にキャリアアップしてきたHさん。しかし、入社2年目の頃から自身の現状を疑問視し始める。Hさんに何があったのだろうか。

―― 一見、順風満帆に見えるキャリアですが、なぜ転職しようと思ったのですか?

Hさん:プロジェクトによっては外部のコンサルタントをチームに入れて、共同でプロジェクト運営に当たることもあります。そのコンサルタントが非常に優秀で、クライアントである我々の会社の業務について私以上に精通し、さらに何としてもプロジェクトをやり抜くという意志と馬力の強さを持ち合わせていました。それに比べて、私の仕事ぶりはひと言でいうと「甘い」と言わざるを得ませんでした。

―― 社内の情シスと外部コンサルタントでは立場が違います。

Hさん:社内の人間は多少のミスは許されます。でも外部のコンサルタントは絶対にミスが許されない。この仕事へのコミットの差に愕然とし、自分も同じような土俵に上がってみたい、チャレンジしたいという想いが日増しに強くなっていったのです。

―― 入社4年目に転職活動を始めたそうですね。

写真

Hさん:最初はいくつかの転職ポータルに登録し、自分で企業を探して書類を送るという作業をやってみました。でも、非常に効率が悪い。応募する企業が自分に合っているかどうかも不確か。そこでエージェントを頼ることにしました。すると、スカウトメールが大量に届きました。

―― エージェントをどう選別したのですか?

Hさん:まず各社のWebサイトをチェックして会社の規模や過去の実績などを自分なりにリサーチ。生保に強いエージェント2社、コンサルに強いエージェント3社、合計5社に絞りました。リーベルもコンサルに強いエージェントの1社に入っていました。

リーベルを選んだ3つのポイント

Hさんは5社のコンサルタントとそれぞれ面談。その結果、転職支援のパートナーとしてリーベルを選んだ。なぜ、リーベルを選択したのか…?

―― リーベルを選択した理由を教えてください。

Hさん:大きく分けて3つあります。1つ目が「誠実な対応」。私の悩みをしっかりと受け止め、真摯に相談に乗ってくれたことに共感しました。2つ目が「情報量」。私がやりがいを持てそうな企業を10数社も提示してくれたので、情報量も申し分ないと思いました。そして3つ目が「個別説明会」。面接前に私が志望する企業の人事担当者と1対1で会う機会を設けてくれたのです。個別説明会をセッティングしてくれたエージェントは他にはありません。企業の人事担当者との信頼関係も強いという印象を受け、リーベルに任せれば間違いないだろうと思い、依頼を決めました。

―― アビームコンサルティングも個別説明会をした会社の1つですね。同社の面接ではどのような準備を?

Hさん:リーベルのコンサルタントの助言をもとに、アピールポイントを整理しました。特に助言の中で印象に残っているのは、「プロジェクト管理に注力したこと」と、「全ての案件に真面目に取り組んできたこと」、「順調に実績を上げ昇進したこと」の3点をしっかりとアピールするように言われたこと。私のキャリアの中で何を重点的に訴えれば面接官の心に響くかを見極めた、非常に適切なアドバイスでした。

―― 面接ではその点を上手くアピールできたのが勝因でしょうか。

Hさん:そうですね。アビームコンサルティングからも、何をやってきたか、どこに強みがあるのかなど、経歴に関する説明が非常にわかりやすかったとフィードバック頂きました。

エージェントはシビアに評価して選ぶ

リーベルの支援も功を奏し、自分が希望した「コンサルタントへの転身」を果たしたHさん。最後に転職成功の秘訣を語った。

―― 転職活動が上手くいった要因は?

Hさん:2つあると思います。1つは自分が日々の仕事を真面目に取り組み、実績を上げてきたこと。そして、もう1つがリーベルのサポートを受けられたことです。実績を単純にアピールして内定を獲得できるような甘い世界ではない。自分の何が企業にとって価値かを整理し、分かり易く伝える必要があります。リーベルのコンサルタントは業界と企業を熟知しており、非常に有益な助言を得られました。

―― 今後の意気込みを聞かせてください。

Hさん:アビームコンサルティングは「コンサルタントとはこうあるべき」というビジョンをしっかり持っている人が多い会社。私も“あるべき論”をしっかりと押さえ、今まで培ってきたプロジェクトマネジメントスキルを、より高いレベルでクライアントに提供していければと考えています。

―― これから転職活動に取り組む人たちにメッセージをお願いします。

写真

Hさん:転職活動は自分一人でやっても上手くいきません。専門家の支援を受けると効率が格段に向上します。ただし、エージェント選びは非常に重要。少なくとも各社のWebサイトは事前にチェックし、会うに値するエージェントなのかを見極めた上で面談し、その後もシビアに評価することが必要です。そのフィルターを通すことが、最終的に転職の精度とスピードを高めることにつながると思っています。

―― エージェント選びの重要性が非常によくわかりました。有難うございました。

ライター プロフィール

高橋 学(たかはし・まなぶ)

1969年東京生まれ。幼少期は社会主義全盛のロシアで過ごす。中央大学商学部経営学科卒業後、1994年からフリーライターに。近年注力するジャンルは、ビジネス、キャリア、アート、消費トレンドなど。現在は日経トレンディや日経ビジネスムック、ダイヤモンドオンラインなどで執筆。

◇主な著書
『新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている』(光文社)(荒濱一氏との共著)
『新版 やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』(光文社)(荒濱一氏との共著)
『「場回し」の技術』(光文社)など。

アビームコンサルティング株式会社に
興味を持たれた方へ

リーベルの無料転職サービスをご利用ください。IT業界に通じた、リーベルの専任コンサルタントが、あなたの転職活動を無料でサポートいたします。

この企業の求人情報はこちら

まずは無料転職支援サービスのお申し込みから。
キャリアプランのご相談や非公開求人を含むポジションのご紹介、企業ごとの面接対策など、『IT転職のプロ』が、あなたの転職活動をサポートします。

無料転職支援サービスに申し込む

このページのトップへ