株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ) | 転職成功者の声 | IT転職 エージェント リーベル


IT転職 リーベル ホーム > リーベルの強み > 転職成功者の声 > A.Oさん(株式会社インターネットイニシアティブ)

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ) | 転職成功者の声

トップクラスのエンジニアを目指し 技術が磨けるハイレベルな環境へ | 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)

プロフィール

IT系の専門学校卒業後、ネットワークシステムの運用マネージメントを主業務とするIT企業に入社。金融系などの大規模ネットワークの運用部門に配属され、運用エンジニアとして、障害が発生したシステムの復旧を担う。ネットワーク系の資格もハイペースで取得し、入社2年目にはリーダーに抜擢され、若くして責任のある立場で多くの経験を積む。さらなる成長を求め、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に入社。

ネットワークの運用チームのリーダーとして、ミッションクリティカルなシステムを管理。
関連する資格も圧倒的なペースで取得した。そして、知識やスキルをさらに活かすため、技術の向上と経験の蓄積が両立できるフィールドへ。
想い描くキャリアパスや転職成功の秘訣を聞いた。

入社後の挫折から猛勉強

写真

高校卒業後は3年間音楽活動に没頭し、その後はITビジネスを学ぶために専門学校に通った。ソフトウェアやネットワークの基本的な知識を身に付け、卒業後は、主にネットワークの運用マネージメントを提供するIT企業へ。即戦力として活躍できる自信があった。

――入社後はネットワークの運用部門に配属されたそうですね。

Oさん:約700社のネットワークの運用・保守・監視を担当する部署です。メンバーはオペレーションルームに並んだパソコンに向かい、ネットワークを監視し、発生した障害に対してコマンドを打ち込み復旧させるといった作業に集中していました。銀行系や生保系、決済系のシステムなど、もしシステムダウンしてしまったらニュースになるようなものも数多くありました。とにかく、もの凄く忙しい部署でした。

――OJTで入社後すぐにメンバーに加わったそうですね。

Oさん:はい。実は、何とか即戦力として活躍できるだろうという、根拠のない自信がありました。しかし、実際は全く歯が立ちませんでした。何をやればいいのか、さっぱりわからない。悔しかったですね。同時に猛勉強する決心をしました。

――どのように勉強したのでしょうか。

Oさん:怒られながらも何とか業務をこなし、わからない専門用語は全部メモして、家に持ち帰って勉強することを、最初の2ヶ月くらい続けました。また、資格取得のために通勤時間などを利用して勉強し、CCNAというベンダー資格も取得しました。

――業務には慣れていきましたか?

Oさん:勉強すればするほど、知識やスキルが自分の血肉となり、業務で発揮できるようになりました。もっと知りたいと思い、さらに勉強を続け、次々と上位のベンダー資格も取得していきました。仕事ができるようになるにつれ、メンバーの信頼を得られ、発言権も出てきます。目に見えて自分の成長が実感でき、日々楽しく仕事に打ち込めるようになりました。

――2年目には早くもリーダーを経験されたそうですね。

Oさん:約700社のネットワークを管理するチームのリーダーとなりました。リーダーの役割は、障害が発生した際に、タスクをメンバーに振り分けていき、復旧させること。複数の障害が重なる場合もあり、プライオリティを決め、それぞれの障害の復旧までのプロセスを瞬間的に考えて、即座にメンバーにアサインする必要があります。電話もひっきりなしに、かかってきます。日によっては、数時間〜十数時間息つく暇もないくらい多忙を極めることもありました。

――貴重な経験になったのでは?

Oさん:スピード感を持ってタスクを処理したり、メンバーの力量を考慮して適切にアサインしたり。あるいは、年上のメンバーとコミュニケーションを図りながら仕事を進めるなど、リーダーに必要なスキルを短期間で磨くことができました。会社が若いうちに貴重な経験をさせてくれたことを、感謝しています。

リーベルに求めた客観的な分析

写真

リーダーとしての経験を積み、知識やスキルも修得していく中、次に挑戦してみたいことも明確になっていった。しかし、それは自分の今いる環境では難しいこと。どうすれば実現できるだろか……。Oさんは成長への道を模索し始めた。

――入社1年目の途中からは、上位資格取得のために自宅にラボを作ったそうですね。

Oさん:ちょうどCCNAの資格を取得した頃から、ルーターやスイッチを購入し、自宅のリビングに設置したラックに組み込みました。毎日帰宅後3、4時間は教本などに提示された課題に取り組んでいましたね。そのうち、ラボで色々なシステムを実験するのが楽しくなり、のめり込んでいきました。もう、勉強の域を超えて、趣味の領域に入っていたと思います。

――仕事も勉強も順調の中、なぜ転職を考えたのですか?

Oさん:ラボなどで知識やスキルを修得しましたが、そのうち業務に使えるのは、運用に関するものなど一部だけ。ネットワークの設計や構築などに関連する知識や技術は、発揮する場がないのが現状でした。主に運用サービスに注力する今の会社では、この先も設計や構築の業務に携わることは望めないかもしれません。そんなことを考えていたとき、以前から魅力的だと思っていた大手ベンダーの求人広告を目にしました。この会社なら自分のやりたいことができるのではないか。そう思って、応募してみることにしたのです。

――リーベルにも登録されましたね。

Oさん:転職を相談するというより、設計や構築への道を進むというキャリアプランに対し、自分の資格や技術、経験などが通用するかどうか、あるいは何が足りないのか、客観的に分析してもらいたかったのです。私は、30歳までにどれだけ知識やスキルを吸収できるかが勝負だと思っています。25歳になり、あと5年でどのような経験を積めばいいか、明確にしたいと考えていた時期でもありました。IT専門のエージェントであるリーベルなら、何かアドバイスやヒントをもらえるのではないかと思っていました。

知識への自信と結果を出してきた自負

写真

Oさんに紹介した会社のうち1社がインターネットイニシアティブ(IIJ)。リーベルは、キャリアではやや不足する面があるものの、ポテンシャルの高さを前面に出せば、採用される可能性は高いと判断した。一方、Oさんは、リーベルのフェアな進め方に好感を抱いたという。

――リーベルでは、ネットワーク系の2社に絞って紹介しました。

Oさん:そのうち1社がインターネットイニシアティブ(IIJ)。本音を言うと、自分のキャリアでは難しいと思いました。ただし、インターネットイニシアティブ(IIJ)に自分の市場価値がどう判断されるかについて、興味もありました。

――確かにキャリアでは足らない面もあったかもしれません。しかし、Oさんは年齢が若いにも関わらず、積極的に行動し、結果を出していました。さらに考え方もしっかりされています。そこに将来性を感じ、採用される可能性が高いと思っていました。

Oさん:リーベルには次のように分析してもらったことを覚えています。自ら応募した大手ベンダーは、企業の安定性や技術力が高く、一定のキャリアは望めるものの、提案・構築フェーズの経験を積むことは難しい。一方、インターネットイニシアティブ(IIJ)は技術力を高められ、さらに提案・構築フェーズの経験を蓄積することもできる――。その上で、どちらを選ぶかは私に判断を委ねてくれました。その方法が非常にフェアで、信頼できるエージェントだと感じました。

―― インターネットイニシアティブ(IIJ)の面接では、具体的にどのようなことを聞かれましたか?

Oさん:これまでの業務経験に加えて、インターネットイニシアティブ(IIJ)に転職して「何がしたいのか」、「そのために何をしてきたか」ということを深く突っ込んで聞かれました。「何がしたいのか」に対しては、自分が培った知識を活かし、設計や構築のフェーズも経験したいことを素直に伝えました。「何をしてきたか」に対しては、ラボのことや資格取得について、アピールしました。

――面接は緊張されたのでは?

Oさん:いえ、逆にリラックスして話すことができ、非常に楽しかったです。今までネットワークの設計や構築について話す場がなかったので、面接官に対しアウトプットでき、深い部分までディスカッションできたことに、充実感を覚えました。楽しめたのは、本格的なラボまで作って修得した知識に自信があり、業務でも今までリーダーとして結果を出してきたという自負があったからだと思います。

やりたいことがあってこその転職

面接では、ポテンシャルを高く評価され、インターネットイニシアティブ(IIJ)からは2次面接後に内定を受け、最終的に同社への入社を決めた。Oさんは、内定を獲得できた要因を、次のように自己分析。さらに新天地での意気込みを語る。

――キャリアの不足感を乗り越え、内定を獲得できた要因は何だと思いますか?

Oさん:私が意識したのは、内定をもらうことではなく、入社後にどんな仕事ができるかということでした。だから、「私はこういう経験とスキルがあるが、これを御社では活かせるか?」、「こういうことをやってみたいが御社ではできるか?」といった逆質問もしましたし、自分が興味を持っている関心事についても、正直に全て話しました。面接官は、その議論によって、私がメンバーに加わった後の具体的なイメージを描きやすかったのだと思います。

―― 入社後の抱負を聞かせてください。

Oさん:目の前の仕事をがむしゃらにやるだけです。今までインプットしてきた知識やスキルをベースに懸命にアウトプットを出し続け、その中の反省材料を修正していくことで、はじめて自己成長につながると思っています。また資格については、今までのようにただひたすら上位資格を目指すのではなく、担当する業務に応じて、必要なものを取得していくつもりです。30歳というターニングポイントに向けて、ネットワークエンジニアに必要な技術を、貪欲に吸収していきたいと考えています。

――最後に転職を目指す方々にアドバイスをお願いします。

Oさん:やりたいことがあってこその転職です。今の会社が嫌だから、あるいは会社のブランドで選ぶといった転職はあまりおすすめできません。まず、自分はどういうことがしたいのかを明確にする。その上で、その目標が実現できる会社を選ぶ。それが転職を成功に近づけるポイントではないでしょうか。

――常に目標に向かって走っていける人は、成功する確率が高くなるということですね。有難うございました。

ライター プロフィール

高橋 学(たかはし・まなぶ)

1969年東京生まれ。幼少期は社会主義全盛のロシアで過ごす。中央大学商学部経営学科卒業後、1994年からフリーライターに。近年注力するジャンルは、ビジネス、キャリア、アート、消費トレンドなど。現在は日経トレンディや日経ビジネスムック、ダイヤモンドオンラインなどで執筆。

◇主な著書
『新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている』(光文社)(荒濱一氏との共著)
『新版 やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』(光文社)(荒濱一氏との共著)
『「場回し」の技術』(光文社)など。

「IT転職のプロ」があなたを無料でサポートします

IT業界特化の転職エージェントが、
あなたの転職活動をサポートいたします。

転職支援サービスに申し込む 無料

このページのトップへ